Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

内博貴が若き太宰治演じる「走れメロス ~文豪たちの青春~」開幕、配信も決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ステージナタリー

「浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~」が、本日9月5日に東京・ヒューリックホール東京で開幕した。 【写真】「檀一雄『小説 太宰治』原作より 浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~」より。(c)曳野若菜(メディアギャラリー他7件) 本作は、太宰治の親友であった作家・檀一雄による回想録「小説 太宰治」をベースに、モトイキシゲキが脚本・演出を手がける舞台作品。劇中では、高校卒業後に上京し、東京大学で小説家を目指す太宰の物語が描かれる。太宰は井伏鱒二や檀、さらに彼が愛することになる女たちと出会い……。 太宰役を内博貴が務め、太宰と共に波乱の人生を送る小山初代 / 太田静子の2役を谷村美月、檀役を関西ジャニーズJr.の室龍太が演じる。このほか、井伏役に千原せいじ、山崎富栄役に山口真帆、井伏の妻・節代夫人役に黒田こらん、柿野要一郎役に吉田大輝、津島美知子役に苅谷瑠衣、芥川龍之介役に原慎一郎、津島文治役に藤井びん、高橋幸雄役に石井智也、山岸外史役に優志、マダム雪子役に湖月わたる、山崎晴弘役になべおさみがキャスティングされた。 上演時間は15分の途中休憩を含む約2時間30分。東京公演は9月13日まで行われ、本作はその後、22日に愛知・名古屋市公会堂、25日から27日まで大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演される。 またこのたび、THEATER LIVEでの生配信が決定。配信の対象となる公演は、9月12・13日の13:00開演回と17:00開演回。視聴チケットの販売は、CNプレイガイドにて本日9月5日、THEATER LIVEでは9月10日12:00にスタート。予約枚数に達し次第、販売終了となる。なおアーカイブ配信は実施されない。 ■ 「檀一雄『小説 太宰治』原作より 浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~」 2020年9月5日(土)~13日(日) 東京都 ヒューリックホール東京 2020年9月22日(火・祝) 愛知県 名古屋市公会堂 2020年9月25日(金)~27日(日) 大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 原作:檀一雄「小説 太宰 治」 脚本・演出:モトイキシゲキ □ キャスト 太宰治:内博貴 小山初代 / 太田静子:谷村美月 檀一雄:室龍太(関西ジャニーズJr.) 井伏鱒二:千原せいじ 山崎富栄:山口真帆 節代夫人(井伏の妻):黒田こらん 柿野要一郎(太宰の甥・画学生):吉田大輝 津島美知子(太宰の妻):苅谷瑠衣 芥川龍之介(作家・亡霊):原慎一郎 津島文治(太宰の長兄):藤井びん 高橋幸雄(作家):石井智也 山岸外史(作家):優志 マダム雪子(銀座のバーのマダム):湖月わたる 山崎晴弘(美容学校校長):なべおさみ

【関連記事】