Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【バザーエディターのNEW NORMAL】コーヒー消費量世界一のフィンランド発! コーヒーのサブスク、はじめました

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

フィンランド生まれのスペシャルティ・コーヒーのサブスクリプションサービス「SLURP(スラープ)」が日本で本格スタート!

緊急事態宣言は解除されたものの、世の中のムードは#NEW NORMALへ。リモートワークが新常態となった今、私の生活も激変。#workingfromhomewithkidという新手の修行のような日々から解放されるとはいえ、徳を積むどころかストレスフルだったことは確か。そんな毎日の救世主はコーヒーのアロマだった……。 【写真】iHerbで見つけた、ギルティフリーなおやつ6 我が家のコーヒー消費量が激増するなか、ロンドンから一時帰国中の先輩から「おもしろい話があるから、LINE電話しない?」と。何でもそれは、コーヒーにまつわることだという。

世界を舞台に活躍する焙煎家のコーヒーが定期的に届く

「フィンランドって実は一人当たりのコーヒー消費量が世界でいちばん多い国だって、知ってた?日本の4倍なんだよ」。昔から博学だったけど、先輩、そんなことまで…! そんなコーヒー先進国で2014年に始まって以来、話題沸騰のコーヒーの定期購入サービス「SLURP(スラープ)」がドイツについで、いよいよ本格的に日本に上陸するという。 連携しているのは、フィンランドでベストロースタリー&カフェに選ばれたお店から、2018年のWorld Coffee Roasting Championshipで上位に入賞したドイツの焙煎家まで、世界を舞台に活躍する焙煎家たち。通常、日本では手に入れることができないコーヒーが面倒な手続きなく、定期的に届くのだそう。

特別だし、おしゃれだし、とにかく始めるのが簡単……!

さらに、私が「さすが北欧クオリティ!」と思った点は、焙煎されたばかりのコーヒーを新鮮な状態で届けるために開発された特注パッケージのおしゃれなこと。金属を一切使わないリサイクル可能なプラスチック製で、裏には焙煎家のオリジナリティ溢れたステッカーが貼られている。届くコーヒーの焙煎家は毎回異なるから、このステッカーを見るのが楽しみのひとつに。なかなか海外旅行へ出かけられない今、ステッカーで、ほんの一瞬キッチンで旅気分を感じられるのもいい。そのコーヒーがどのような農園で育ったのか、誰がローストしたのかは「コーヒーレター」に掲載されている。

【関連記事】