Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年上半期、最も見られたYouTube動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MarkeZine

 BitStarは、インフルエンサーマーケティングの分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」にて独自集計したデータ「インフルエンサーパワーランキング2020年上半期 by BitStar」を発表した。

最も再生されたYouTubeチャンネルは『東海オンエア』

 2020年1月~6月の間に最も再生されたチャンネルのランキングは以下の通り。

第1位『東海オンエア』

 愛知県岡崎市を拠点に活動する6人組グループ『東海オンエア』。チャンネル登録者数が540万人を超えた現在も毎月5~10万人登録者数が増え続けている。最近は、メンバーのりょう氏が地元・岡崎市でカフェをオープンするなど、YouTube以外にも活躍の場を広げている。

第2位『Fischer's-フィッシャーズ-』

 2020年で結成10年を迎えるグループクリエイターの『Fischer's-フィッシャーズ-』。体を張ったチャレンジ企画や仲間と楽しく盛り上がる動画が人気。音楽活動やCMの露出も増えている。

第3位『ヒカル(Hikaru)』

 大炎上から華麗に復活を遂げた『ヒカル(Hikaru)』。上半期でチャンネル登録者数が約50万人増加し、変わらず成長を続けています。自身のアパレルブランドの展開や宮迫博之氏と共演したCMが話題になるなど多方面で活躍中。

2020年上半期、動画1本あたりの再生数1位は「Official髭男dism」

 2020年1月~6月の間に投稿された動画1本あたりの再生数のランキングは以下の通り。

第1位 Official髭男dism『Official髭男dismI-LOVE…[Official Video]』

 Official髭男dismの『I LOVE』は、TBS系ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌として書き下ろされた楽曲。他にも2020年に公開されたミュージックビデオ『パラボラ』が800万再生以上、『最後の恋煩い』が300万再生以上(ともに2020年6月末時点)と、2020年もその人気は止まるところを知らない。

第2位 シュレッディングマシン-JAP『スイカと野菜を細かく切る』

【関連記事】