Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

爆笑問題・太田「こんな俺でも気を遣っている…」コロナ禍における生放送での“言葉”を意識する

配信

TOKYO FM+

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。7月のゲストには、爆笑問題の太田光さんが登場。7月12日(日)の放送では、太田さんがコロナ禍での仕事の向き合い方などについて語りました。

◆コロナ禍で「こんな俺でも気を遣っている」

先日、放送された特別番組「日曜THEリアル!・Mr.サンデー発 宮根×太田 今こそニッポン変えませんか?SP」(フジテレビ・関西テレビ系)で、メインMCの宮根誠司さんとともに、ゲストの論客たちと討論する太田さんの姿に「すごいな~と思ったよ」と舌を巻く木村。 太田さんといえば、歯に衣着せぬ発言やジョークで知られているだけに「生放送で取り上げるトピックがコロナだったり、北朝鮮の問題だったりするから、ピー(※太田さんの愛称)はいまどういう気持ちで言っているんだろうって……」と気が気でなかった様子。 当の太田さんは、「コロナがこういう状態になって以降、(発言には)本当に気を遣うね」と実感を語ります。 メイン司会として知られる毎週日曜生放送の「サンデージャポン」(TBS系)でも、「コロナの状況がどう転ぶかわからないから、下手なことを言えないなって。新型コロナの感染者が、世界的にどんどん増えていくなかで、俺が変に誘導しちゃって大変なことになると困るなと思って……だからコロナの期間は、前日に綿密に打ち合わせをして、何度も自分のなかで“これは大丈夫”“ここまでは言える”って、自分の言うことを整理して。こんなことはやったことがないんだけど、けっこう準備している」と、本番への臨み方にも変化が生じたことを明かします。 とはいえ、そのさじ加減は難しいようで「あんまり(視聴者の)恐怖心を煽っても、“テレビを観るのは嫌だ、怖い”って追い詰められてしまう人もいるだろうから、そっちは安心させたいけど、警戒を解いちゃいけないというのもあるから、“1番いいバランスってどこなんだろう”って……こんな俺でも気を遣っている」と太田さん。 一方で、「だからデーブ・スペクターはリモート(出演)にしておこうかって(笑)」とジョークを交え、こんなこぼれ話も。本番前、デーブ・スペクターさんは楽屋やメイク室などで、いつもの調子でしゃべりまくっていたところ、(コメンテーターとして出演している)医師の先生に「ソーシャルディスタンスだから黙って!」と注意されていたそうで、太田さんは「本気で怒られていて(笑)。デーブ・クラスターとか言われてさ、大変だよ。てんてこ舞いだよ(苦笑)」と現場の裏側を明かしていました。 (TOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」7月12日(日)放送より)

【関連記事】