Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

LINEでプレミアム飲食券販売 小矢部市商工会 63店対象30%お得

配信

北日本新聞

 小矢部市商工会(新明政夫会長)は1日、市内の飲食店で使えるプレミアム付き飲食券の販売を始めた。無料通信アプリLINE(ライン)を活用し、新型コロナウイルスで打撃を受けた店の支援につなげる。  30%のプレミアムが付いて1セット5千円(500円券13枚つづり)。市と連携し、5千セット販売する。商工会や飲食店組合に加盟する63店で使える。  専用のQRコードを読み込み、LINEで購入する。スマートフォンの画面に表示された飲食券をレジで見せると支払いが完了する。一連の手続きを全てスマホで行えるため、購入窓口の混雑緩和だけでなく、釣り銭を渡す手間を省き、新型コロナ感染防止にもつながる。購入から6カ月使え、最終期限は来年2月末。  スマホを持たない人向けに市商工会の小矢部、津沢両支所で7日から、紙製のプレミアム付き飲食券を販売する。7日のみ午前9時から午後3時まで、8日以降は平日の午後5時まで販売する。

【関連記事】