Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【6日の天気】危険な暑さ続く 猛暑日地点続出へ 豊岡で38℃予想 熱中症に警戒

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 きょう(木)も晴れる所が多く、体にこたえる暑さが続く見込み。西日本や東日本では35℃以上の猛暑日となる所が多く、兵庫県の豊岡市では38℃まで上がる予想。各地で危険な暑さが続くため、熱中症に厳重な警戒が必要だ。また、北海道は激しい雨の降る所があり、あす(金)にかけて大雨となるおそれがある。

九州~東北南部で35℃前後 熱中症に警戒

 きょうも、日本付近は夏の高気圧に覆われて、沖縄から東北南部にかけては晴れて強い日差しが照りつける。  気温は朝から高く、日中は九州から東北南部にかけて、35℃前後まで上がる見込み。予想最高気温は、豊岡では38℃、鳥取で37℃など、今年いちばんの暑さになる所もありそうだ。各地で危険な暑さとなり、湿度も高く、30℃以上の時間が長く続く見込み。家の中でもこまめな水分補給を心がけ、エアコンを使うなどの熱中症対策が必要となる。  外での運動や無理な作業は控え、人との距離をとった上でマスクを外すなどの対策を心がけたい。

6日の予想最高気温  38℃ 豊岡(兵庫)  37℃ 鳥取、米子(鳥取)  36℃ 松江、岡山、京都、福井、福島 など

午後は山沿いで雷雨 北海道は激しい雨に注意

 また、気温の上がる午後は、東日本や東北南部の山沿いを中心に、にわか雨や雷雨に注意が必要だ。  北海道は前線が停滞するため雨が降りやすく、激しく降る所もある見込み。土砂災害などに注意が必要となる。  東北北部は昼頃にかけて雨の降る所もあるが、午後は晴れ間もありそうだ。

あすにかけて北海道は大雨のおそれ 暑さ 来週にかけても続く

 あす(金)は台風から変わる温帯低気圧が北海道に近づく見込み。熱帯由来の非常に暖かく湿った空気が流れ込むため、北海道ではあすにかけて大雨に警戒が必要となる。

 九州から東北の日本海側も、あすから土曜日にかけて広く雨となり、雨脚の強まる所がありそうだ。  また、あすは立秋だが、来週にかけても各地で厳しい暑さが続く見込み。引き続き体調管理に注意したい。 (気象予報士・及川藍)

【関連記事】