Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「PCR検査論争」が不毛な理由 同調圧力が支配する日本の感染症対策を考える

配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの流行第1波が収まりつつある。緊急事態宣言も徐々に解除されているが、コロナが消えたわけではない以上、今後も、再流行を警戒しながら、新しい生活様式の模索が始まろうとしている。感染症対策の専門家は、これまでの対策、現状、今後をどう見ているのか。精力的な発信を続けている神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎さんにお話を伺った。※インタビューは5月21日午後にスカイプで行い、その時の情報に基づいている。【BuzzFeed Japan Medical/岩永直子】

緊急事態宣言、効果はあったか?

――先生のいる兵庫県など関西でも緊急事態宣言が解除されそうですね(同日、大阪府、京都府、兵庫県で解除)。緊急事態宣言は新型コロナ対策として必要でしたか? 僕は必要だったと思います。出る前から、実質上のロックダウン(都市機能の封鎖)が必要だったと主張しており、なかったらかなり大変なことになっていたと思います。 ――新規感染者の数の拡大を防ぐためですか、医療体制の問題ですか? 両方ですね。 ――出したタイミングと解除のタイミングについてはどうお考えですか? 出したタイミングについては遅かった、もう少し早くてもよかったと思いました。 また、全国一律でやる必要はあったのかとは思いました。流行状況の地域差が大きいからです。 東京は必要だなと思っていましたが、兵庫県は微妙でした。感染者の数だけを見れば多かったのですが、兵庫県は圧倒的に院内感染が多かった。院内感染は、店を閉じたりすることによって減りはしません。 緊急事態宣言では、道路の封鎖や鉄道の停止はできないので、他の地域に東京から人が流れないようにするための苦肉の策だったのでしょう。 ――宣言の意味として医療体制や検査体制の整備も期待していたと聞いています。今流行していなくても、いずれ流行った時に医療体制を整備しておかないと間に合わないのではないかという意味も込めて全国に広げたと専門家会議の先生はおっしゃっています。 それはよく理解できないです。お店が閉まったり学校が閉まったりすることと、医療体制を整備することは話が違う。 医療体制の整備は2月から必要性を訴えていました。 指定医療機関以外でもコロナの患者を診られるように、自治体レベルでもいろんなところが動いたと思います。受け入れ能力の構築はすごく重要で、ギリギリセーフで間に合ったのだと思います。 宿泊施設のようなところを作り、軽症者をちゃんと診る病院を作る。兵庫県は院内感染も起きましたので、看護師が大量に働けなくなった時に、他の病気の患者さんを診る受け入れ先が必要でした。緊急事態宣言とは関係なく、受け入れ先を作ることを死ぬ気でやったわけです。 ――宣言なしでも医療体制は整備できたのですね。 それはわかりません。自治体によっても違いますし、準備という意味では2月から準備しておかなければならなかった。 3月までは準備はかなり遅れ気味で、伝え聞くところによると、東京都は相当遅れていた。一部の医療機関にものすごいしわ寄せがきて、他のところとのギャップが激し過ぎたと聞いています。兵庫県は一つの病院でがっちり診る体制を作っていましたから、非常事態宣言とは無関係に体制ができたと思います。 しかし、あのままどんどん感染者が増えていたら、やはり兵庫県も危なかった。こちらもギリギリだったのです。

【関連記事】