Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【函館記念】開催最終週も馬場状態は良好!本命は「小回り巧者」「上がり34秒~35秒の決着に強い」「配当妙味」の3つの要素が揃った馬とは?

配信

SPAIA AI競馬

逃げ切りが5レースも、差し馬には警戒が必要

長いようで短い函館の夏は、いよいよ今週の2日間の開催を残すのみとなった。個人的には、今年の夏は函館に取材に行こうと密かに計画していたものの、その願いは叶わず……。開催を楽しみにしていたファンの方々と同様に、楽しみは来年へと持ち越しとなった。 【函館記念2020予想1】アノ馬はこない馬!?過去10年で9勝のデータも!予想材料として使える簡単なデータをご紹介(SPAIA編集部編) そんな2020年の函館開催のラストを飾るのは、函館記念(GIII・芝2000m)。小回り、洋芝、ハンデ戦と荒れる要素が揃っているが、実際に過去10年のレース結果を振り返っても、1番人気馬が馬券に絡んだのはわずか2回のみ。加えて該当馬30頭中、7番人気以下の馬が17頭も馬券に絡んでいる。 馬場傾向の観点から分析・予想を行っていくにあたり、まずは過去10年のレースで好走した馬たちに共通する傾向がないかを調べてみた。 内訳をみると、2回函館開催の4日目に行われたのが8回、今回と同じ6日目に行われたのは2回となっている。馬場の荒れ具合によっては良馬場でも時計がかかることもあるが、基本的には1分58秒台~59秒台の決着となることが多い。 上がりタイムは2018年に勝利したエアアンセムが34.7、2着サクラアンプルールが34.6と34秒台の上がりを使っているが、それ以外の年を見ると、基本的には35秒前半~後半の上がり決着となっている。 勝利した馬の脚質別成績は、逃げ3勝、先行1勝、差し6勝という内訳となっており、差し馬6頭中4頭の4角の通過順位は4番手以内。差し馬とは言えども、前を射程圏に入れるポジションにつけている必要があるということだろう。 ちなみに2回函館6日目に行われたレース結果を見ると、2012年はトランスワープ、2014年はラブイズブーシェがそれぞれ勝利しており、いずれも道中は中団からレースを進めていた。果たして今回はどのような結果となるのだろうか。 ここからは先週末の7月11日(土)と12日(日)に函館競馬場の芝コースで行われた14レースの結果から、馬場傾向について分析していく。 途中雨がぱらつく時間帯もあったが、全てのレースが良馬場で行われた。函館記念と同じ2000m戦の結果を見ると、土曜日のメインレースで3勝クラスの五稜郭Sは、少頭数のスローペースということもあって2:01.1という決着。 日曜日に行われた3歳未勝利戦が2:02.1ということを踏まえると、例年通り重賞クラスでは1分58秒~59秒が出る馬場だと言える。Sペースながら、2000m以上のレースでも34秒台後半の上がりがマークされていたので、展開によっては今年の函館記念は2018年のように、速い上がりの決着になることも想定しておきたい。 最後に脚質別の成績。先週からBコースに変わったこともあるが、逃げ切り勝ちが5レースと開催後半に差し掛かっても良好な馬場状態をキープしている。その他のレースでも、9レース中7レースの勝ち馬が4角5番手以内となっており、基本的には先行有利と分析することができる。 ただし2着、3着まで目を向けると、後方一気が決まるレースもチラホラ出てきていることからも、差し馬にも警戒が必要だ。

【関連記事】