Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メタボ気味だけど、痩せるための食事制限ができない人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

配信

サライ.jp

文/小林弘幸 「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています。しかし、医療や健康に関する情報は玉石混淆。例えば、朝食を食べる、食べない。炭水化物を抜く、抜かない。まったく正反対の行動にもかかわらず、どちらも医者たちが正解を主張し合っています。なかなか医者に相談できない多忙な人は、どうしたらいいのでしょうか? 働き盛りのビジネスパーソンから寄せられた相談に対する「小林式処方箋」は、誰もが簡単に実行できるものばかり。自律神経の名医が、様々な不摂生に対する「医学的に正しいリカバリー法」を、自身の経験も交えながら解説します。 【小林式処方箋】 メタボ気味だけど、痩せるための食事制限ができない人は、食事は抜かず、「間食」を増やしてみる。

食事を抜くことはデメリットだらけ

まず理解していただきたいことは、「食事を抜いても痩せない」ということです。無理なダイエットは百害あって一利なし、と断言してもいいでしょう。 ではどうしたらいいか、ということですが、最も簡単な方法をお教えしましょう。 1.食事前に1杯の水を飲む 2.間食する まずはこの二つから始めてみてください。 実は、太っている人の多くは、「腸内環境の悪化」が大きな原因のひとつになっています。腸内環境が悪くなると、そこから肝臓へ運ばれる血液も、毒素や腐敗物を含むドロドロで汚いものになります。この汚れた血液は、肝臓から心臓へ運ばれ、全身に行き渡ります。すると脂質代謝が悪化し、内臓脂肪として溜まってしまうのです。「腸内環境の悪化」が肥満に結びつくのはそのせいです。 さらに、汚れた血液のせいで、全身の細胞に十分な栄養が行き渡りませんので、低栄養素状態になってしまいます。すると、疲れやすくなったり、新陳代謝が悪くなったりします。また、腸内環境は、自律神経とも密接に結びついていますので、腸内環境の悪化は、イライラにも繋がります。肉体的にも精神的にも、最悪の状態と言えるでしょう。 逆に言えば、「体型が気になってきたな」と思ったら、腸内環境を整えればいいのです。ではどうするか。それが「食前の1杯の水」です。 食事の前に、コップ1杯程度の水を飲むと、胃結腸反射が起きるので、胃腸が動き出します。 胃腸が動いているということは、食べ物を受け入れる準備が整っている、ということです。何の準備もできていない状態の胃腸に食べ物が入った時と比べると、消化吸収のクオリティーが格段にアップします。 スポーツと同じですね。ぶっつけ本番で試合に臨むのと、入念なアップをしてから臨むのでは、後者のほうがいい結果が出ることは、皆さん、ご存じですよね? 胃腸も同じです。入念なアップをしてあげれば、きちんと働いてくれるのです。 それが、たった1杯のコップの水でいいんですから、お手軽だと思いませんか?

【関連記事】