Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「気っ風」読めますか?「きっふう」じゃないよ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CanCam.jp

誰もが知っているおなじみの言葉なのに、漢字で書かれると急に読めなくなってしまうことがあります。 たとえば、楽しそうな様子を表す「燥ぐ」。 毎日一度は触っている「釦」。 超おなじみの言葉なのに読めない「只管」など。 そんな、読めそうで読めない日本語クイズ。本日のお題はこちら! 【難読漢字クイズ】「叢る」って読める?じつはよく知ってる言葉

「気っ風」。「気風」と書くと「きふう」もしくはこの「気っ風」と同じ読み方をしますが、「気っ風」と書く場合、どう読むのでしょうか。 ここで言葉の意味を見てみましょう。小学館デジタル大辞泉によると、「気風」の意味は次のとおりです。 「その言動からうかがえる、人の気性。特に、思いきりがよく、さっぱりとした気性をいう。気前。」 古めの映画を見ていると、思いきりが良くてさっぱりした性格の人に「気っ風がいいねぇ!」なんて声をかけるシーンがあったりします。 さらにヒント! この読み方、もともとは「気風」と書いて「きふう」が音変化したものなので、音の響きが少し「きふう」に近いんです。 そんな「気っ風」の読み方、早速正解を見てみましょう。

正解はこちら!

「気風」の読み方は、「きっぷ」でした。 同じ読み方でも、駅で買う乗車券の「切符(きっぷ)」とは全く別の言葉です。「きっぷがいいね」と言われたら切符ではなく気風……と、覚えてみてくださいね! 簡単そうな漢字の組み合わせでも実は難読のものって意外とあるんですね。読めた人も間違えてしまった人も、他の問題にも挑戦してみてくださいね♪

【関連記事】