Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

しないとモッタイナイ。手間とお金のコスパ最強な環境のための5つのアクション

配信

AMP[アンプ]

「世界中の人々が日本人と同じ生活をしたら、地球が2個必要」

みなさん、「地球にやさしい生活」していますか? それとも、「『そもそも気候変動など起きていない』派」ですか? 筆者は、「環境問題の規模の大きさを知れば知るほど途方に暮れつつ、でもすべては小さな一歩からなので自分にできることはしようとしつつも、日々バタバタと余裕のない生活の中で多くは出来ていない派」です。地球さんごめんなさい。 私ほどの「貧乏暇なし」ではない皆さんの中にも、多かれ少なかれ似通った罪悪感を持って生活している人はけっこういるのではないだろうか。 数年前の国立環境研究所による国民の意識調査においては、我が国の78%の人が気候変動は人間の活動に原因があると認識し、気候変動とエネルギー問題に関して「自分自身の生活や習慣を変えなければならないか」という問いに対して、「そう思う」「ややそう思う」と回答した人が73%を占めた。 俳優・映画監督の伊勢谷友介氏は、環境問題に対する懸命の取り組みの末、人々の環境への意識に関するひとつの洞察を示している。 同氏は、「人類が地球に生き残るためにはどうすればいいか?」という壮大なテーマのもと、さまざまな環境保護ビジネスを展開する「株式会社リバースプロジェクト」を11年前に設立。 エコロジカル・フットプリントから算出すると、世界中の人々が日本人と同じ基準の生活をしたら、地球(資源)が2個必要(アメリカ基準なら5個)という事実に直面し、 「我々人類は、今すぐにでも地球1個分の暮らしができるようライフスタイルを最適化する作業を始めなければいけない。この状態を作ったのは我々先進国の人間だと知っていながら、何も行動せず地球の足を引っ張るのは、あまりにダサい」 と行動を起こした。 国内の企業などの1,000万着の制服を順次サステイナブルなものに切り替えていく、年間200万トン排出される規格外野菜の有効活用を目指すなどのプロジェクトはとても「俳優の社会活動」の枠に収まるレベルではない。 しかし、そんな彼は会社を立ち上げてからのこの10年間、思い描いていたほど社会を変えられない残念さを常にかみしめてきたという。そしてその原因を考え抜いた末、 「多くの人が地球の課題を自分ごと化できないのは、自分の人生をまっとうするのに精いっぱいだから」 という結論に至ったとのこと。 確かに世界一の長時間労働に身をささげる忙しい日本人に、「地球に優しく」しようという気力・体力がそう多く残されていないことは想像に難くない。 仕事や家事育児で疲れ、将来の不安を抱えて日々を乗り切っているところに、グレタ・トゥーンベリ氏のような耳の痛い警告をガンガン発する若者が出現すれば、「勘弁してくれ」という気分にもなるだろう。そうでなくとも誰だってライフステージの中で特に忙しく、環境への配慮まで手が回らない時だってある。

【関連記事】