Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中四国初出店の「焼肉ライク」など飲食店が22店舗に さんすて岡山南館が13日リニューアルオープン

配信

KSB瀬戸内海放送

 JR岡山駅にある商業施設「さんすて岡山南館」が13日、リニューアルオープンします。地域住民から観光客まで幅広い利用をターゲットに「食」と「お土産」に力を入れています。

(松木梨菜リポート) 「新幹線の改札口の目の前にある商業施設がリニューアルオープンします。中に入ると通路が広く明るい印象です右手にはお弁当屋さん、左手にはお土産屋さんが並びます」  13日にリニューアルするさんすて岡山南館には、新たに51の店がオープンします。お土産コーナーは売り場面積が4倍に。お弁当コーナーには駅弁のほかいなり寿司専門店なども入りました。

 また飲食店は店舗の数がほぼ2倍となる22店舗に。中でも、中四国初出店の「焼肉ライク」は一人でも気軽に焼肉を楽しめます。 (松木梨菜リポート) 「1人につき1台の焼き台がついています。注文はこちらのタッチパネルですべてできるんです。お箸やおしぼりなどはこちらの引き出しに入っているため店員さんを呼ばなくても焼肉を楽しむことができます」

 また京都のコーヒー店が新業態として出店した「からふね屋CAFE」では、40種類以上のパフェを楽しめます。一番の目玉商品は高さが約30センチあるチョコレートのパフェです。このほか京都の牛カツ専門店ではロースやヒレなど5種類の牛肉のカツを堪能できます。  さんすて岡山南館では第2期のリニューアルとしてスイーツやパンなどのお店が入り、4月24日にさらにリニューアルします。また北館もこの秋に生まれ変わる予定です。

(山陽SC開発/藤原芳郎 常務) 「売り上げはさんすてリニューアル3期全体で25パーセント増を見込んでおりました。今世の中こういう状況ですので今後どうなっていくか非常に不透明」  さんすて岡山南館は13日午前10時にリニューアルオープンします。

【関連記事】