Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

油で揚げずに低カロリーのポテトチップス「焼きじゃが」にヒットの兆し

配信

日本食糧新聞

テラフーズの「焼きじゃが PREMIUM」への支持が広がっている。同社は、低カロリーのポテトチップスである同シリーズを看板ブランドに据える大分県国東市の菓子メーカー。油で揚げずに膨化させ、遠赤外線でじっくり焼き上げる独自製法が強みだ。 カロリーを抑えながらも、チップス全体にできる小さな空洞によってサクサクとした食感も実現した。製造技術に関しては、日本はもちろん、米国、ドイツ、スペイン、フランス、中国など世界各国で特許を取得済み。 「ポテトチップス」の製造を開始した背景には、“幅広く親しまれる菓子を通じて社会に貢献したい”という創業者である渡邊勲代表取締役兼会長の思いがあった。 現在販売する「焼きじゃが PREMIUM」シリーズは「うすしお味」「ゆずこしょう味」「コンソメ味」「激辛キムチ味」「ベーコンチーズ味」「かに風味」とフレーバーも多様だ。同社は第8回「ものづくり日本大賞」の製造・生産プロセス部門で九州経済産業局長賞も受賞している。 特にターゲットとする顧客層は、都市部に住む20~30代の女性。エリア別の売上げを見ると、関東エリアでの伸びが目立つという。ニーズの高まりに応えるべく、今年は生産設備の増設を予定。次なる打ち手として、ライスチップスの開発も検討しているところだ。

日本食糧新聞社

【関連記事】