Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大宮エリー 秋元康が放った一言に脱帽「“見破ってるな”と思って」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。 各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 5月12日(火)のお客様は、大宮エリーさんと小嶋陽菜さんです。6年ぶりの再会となる2人が、AKB48時代の話、家庭菜園にハマッていること、謎のイルカのスプレーの話……と興味深いトークを繰り広げました。

◆大宮“秋元節”にやられる

大宮:こじはるちゃんはラジオとかやってるんでしょ? 小嶋:えー、今はもう全然やってないよ。AKB48時代はよくやっていたけど。最近は、あまり外に出る仕事もそんなにしてないから、だから今日たくさん喋れるかなと思って。 大宮:そうなんだ。よく来てくれたね。 小嶋:(番組の企画者である)秋元(康)さん案件だなって(笑)。 大宮:そうだね、“しょうがねーな”っつってね。 小嶋:違うよ(笑)。自ら来ました。 大宮:秋元さんに連絡したんでしょ? 小嶋:あ、した。 大宮:何だって? 小嶋:“よろしくお願いします”って送ったけど、前回のLINEを見たら、私が卒業した3年前に送って以来だった(笑)。 大宮:うわー! 凍結じゃない(笑)。じゃあ、あれだな、番組が終わったら、私も10何年ぶりに秋元さんに連絡してみようかな。「小嶋さんと飲んできましたよ、とあるバーで」って。 小嶋:オシャレ! 大宮:どこでお会いしたか忘れちゃったけど、でもそのときに「エリーは、そんなんじゃダメだよ」みたいなことを結構言ってくださって。そうするとやっぱり、あの秋元節にやられるっていうか、“あ、そうなんだ、ついて行きたい”っていう気持ちになるよね。 小嶋:あ、分かる! 大宮:でも、ついて行かなかったんだけど(笑)。すごいリスペクトはしてますけどね。前に、「なんでこうなるのッ?!」っていう、私の失敗談を書いたエッセイを出したのよ。それを読んだのか、秋元さんから連絡がきて、「やっぱり、最後の1行がビシッとコピーライティングされてる、っていうか締まるよね」って言われて、“すごいな”と思った。実は、そこに命をかけて書いていたんですよ。“見破ってるな”と思って。 (TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」5月12日(火)放送より)

【関連記事】