Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ユーティリティを打ちこなすのが100切りのカギ! 覚えておきたい正しい打ち方と使いこなし術

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

お助けクラブとして様々な局面で活躍する頼れる味方・ユーティリティ。やさしくボールを上げられてロングアイアン並みの飛距離が出せるこのクラブを使いこなせれば、100切りへの道が見えてくるはず。プロゴルファー・中村修にユーティリティの打ち方を教えてもらおう。

ユーティリティはロングゲームの大きな武器

多くのアマチュアにとって大きな武器となり得るのが、ユーティリティ(以下UT)。ロングアイアンに代わるクラブとして開発されたUTは、ボールを上げやすくミスヒットにも強い、やさしさを持ったクラブと言える。 UTはその名の通り「様々な場面で役に立つ、100切りの大きな力になってくれるクラブです」とプロゴルファー・中村修は言う。 「ソールが広く球も上がりやすいため、アイアンだときっちり打たないとミスショットになってしまうような多少のラフやライにもUTは対応できます。UTをロングゲームでどう扱えるかが100切りを達成するうえで重要となってくるでしょう」(中村、以下同)

パー5の2、3打目はもちろん、ティショットをミスしたあとのリカバリー、長めのパー3ではティショットに使ったり、ラフからの脱出やショートアイアンのようにグリーン周りのアプローチに使っても良い。飛距離だけにとらわれずいろんな状況に対応できる、まさに「ユーティリティ」なクラブなのだ。

選ぶべきは「ウッド型」

UTの形状はウッド型とアイアン型の2つに大きく分けられるが、どちらを選ぶかは「ウッド型のほうがヘッドサイズが大きく重心位置低く深いため、よりミスに強くボールも球が上がりやすいというメリットがありますね」と中村。 ヘッドスピードに自信がないならクラブ性能で高さを出せるウッド型、速く振れるから高さはスウィングでカバーできるよ、というならばアイアン型という選び方をしても良いが、よりやさしく飛ばせるのはウッド型だ。

UTは「アイアンの延長線上」と考える

前述したように、UTはウッド型とアイアン型の形状がある。そのためスウィングの際もウッドのように振るべきか、アイアン的な打ち方が良いのか迷うゴルファーも多いことだろう。 UTは飛距離が出るぶん、ウッド的な飛ばしの方向に考えが傾きがちだが、中村は「UTはアイアンの延長線上として考えて、飛ばしを意識せずに打ちましょう」と話す。 「これはウッド型、アイアン型、どちらの場合でも同様です。UTはロングアイアンの代わりとして開発されたクラブですから、フェアウェイウッドのように飛距離第一、というよりかはアイアンのように番手選択で距離を刻み、時には振り幅で飛距離を調節して打つような番手と考えましょう」

【関連記事】