Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Krush】レオナ・ペタス、一夜明けて武尊戦について「やっと実力でたどり着けたのでしっかりと勝ちたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴング格闘技

2020年7月21日(火)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.115』の一夜明け会見が、22日(水)都内で行われた。 【写真】レオナの対戦要求に「やろうぜ」と答える武尊  メインイベントのKrushスーパー・フェザー級タイトルマッチで、大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の挑戦を判定3-0(30-29×2、30-28)で退け、2度目の防衛に成功したレオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。 「昨日の試合は自分に与えた課題をこなそうとしすぎて、それが上手くいかずに玄人好みの、一般のお客さんに分かりにくい試合をしてしまったと反省しています」と苦笑いのレオナ。  自分に与えた課題とは「あえてプレッシャーをかけずにロープやコーナーに詰めさせて、そこでさばいて倒そうと思っていたんです。それを意識しすぎて、逆に大岩選手がタフで打たれ強くて絶対に倒せたなってパンチもあったんですが、それも倒しきれなくて。それをこなそうとしすぎてしまい、テクニックだけが出てつまらない試合になってしまったという感じでした」というもの。 「3月にやった村越戦とはトレーニング方法を変えて、それを試そうと思って試せたことはよかったんですが、試しすぎたことはよくなかったと思いました」と、新しく取り入れたことに固執しすぎたとした。  試合後には改めて武尊への再戦アピールを行い、武尊もリングに上がって「やろうぜ」と対戦を承諾。そのことについてレオナは「もう僕もほぼ全部の選手とやったのでKrushにも相手いないし、K-1の選手にも知名度がある選手とはほとんどやって勝っているので、もう武尊選手しかいないのでやって当たり前なのかなと思いました」と、当然の流れだと話す。  大会後には「普段連絡が来ない人からも連絡が来たり、武尊選手凄いなって率直に思いました」と反響も大きかったという。  武尊は自身のSNSにて「このリングにいた頃みたいに感情を解放して戦うよ。ぶっ倒す」と綴ったように、久しぶりにギラギラした姿を見せた。しかしレオナは「僕は試合に勝ってホッとした感じから何も感じずに、マイクをポイっとされたけれど“あ、マイク飛んでっちゃった”と思ったくらいで(笑)。ホッとした感じから何も感じないで、オーラを敏感に感じることができなかったです」と笑った。  何度も対戦要求してようやく実現が確定的になった武尊戦。レオナは「昨日の試合で9連勝して、道のりは凄い長かったなって思ったんですけれど、やっと実力でたどり着けたのでしっかりと勝ちたいと思います」との決意を語った。  おそらく近い将来組まれるであろう武尊戦へ向けて「3月からトレーニング方法を変えてやっていて昨日の試合はそれを試してみたんですが、それがしっかりとできなかったので、しっかり出きれば勝てると思っているので試合までに完成させたいですね」と、大岩戦で見せたスタイルをさらに完成の域にまで高めたいとした。  しかし、小宮山工介や村越優汰にKOで圧勝して高まっていた評価が、大岩戦での判定勝ちで「これでは武尊に勝てないんじゃないか」とファンから思われてしまったのも事実。そのことを聞かれると「別にそこは僕の実力と捉えてくれるならそれでもいいし、これまでの試合を全部見てもらってそれが実力と捉えてもらってもいい。自分は武尊選手との試合の時にどれだけ強くなれるかだと思っているので。それが僕の本当の実力だと思う。いろいろな人が評価してくれると思いますが、ま、ご自由にって感じですね」と、周りの評価は気にしないと答えた。  そして「マイクで武尊選手にやりましょうと言ったところ『やろうぜ』と返事していただいたので、次の試合を楽しみにしていてください」と武尊戦へ向けて突き進んでいくとメッセージ。  また、「僕と弟が所属しているLARA TOKYO(キックボクシング&フィットネスジム)が、コロナの影響もありまして、今日からクラウドファンディングをやるので、もしよかったら弟がKrushチャンピオン、僕がK-1チャンピオンになるためにみなさんのお力を少しでもお借り出来たらありがたいです」と訴えた。

【関連記事】