Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鎌田大地、決勝弾でドイツメディアが好評価。守備で奮闘の長谷部誠はMOM級

配信

フットボールチャンネル

 ブンデスリーガ第29節でフランクフルトはヴォルフスブルクと対戦し、敵地で2-1の勝利を収めた。ドイツ『フランクフルター・ルンドシャウ』は、鎌田大地と長谷部誠を高評価している。  鎌田は1-1で迎えた85分、値千金の決勝ゴールを決めた。同メディアは鎌田に上から2番目の評価を付けている。68分のチャンスをいかし切れなかったことにも触れているが、2試合連続ゴールを称えた。  決勝弾の鎌田よりも高い評価を受けたのは3人。守護神ケヴィン・トラップ、DFダビド・アブラーム、そしてDF長谷部誠だ。  長谷部について同メディアは、「今回はゲームメークよりもディフェンスラインを組織する役割が求められ、多くのデュエルに勝利した」と指摘。守備陣の奮闘がフランクフルトの勝利につながったとしている。  再開後3試合で11失点していたフランクフルト。守備陣の安定はうれしいニュースと言えそうだ。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】