Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【NFL】話し合いで行き違いを埋めたジェッツHCゲイズとRBベル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NFL公式サイト日本語版

ランニングバック(RB)リビオン・ベルはハムストリングの張りによって自分を練習から除外したヘッドコーチ(HC)アダム・ゲイズの決断に賛同していなかった。先週の現地25日(水)、ベルは『Twitter(ツイッター)』で自らの不満をぶちまけている。

その後、ゲイズHCはベルと会い、オールプロに2度選出されているRBに“私がどこから来たのか理解させた”と土曜日に『ESPN』に語った。

一方で、ゲイズHCはベルに、怒りをギャングリーンのファンや自らのフォロワーにぶちまけるというベルの決断に少し驚いたとも認めている。

「少し不意を突かれたが、いい話し合いができた。私は彼に、彼がソーシャルメディアにぶちまける前よりわれわれの関係は良くなったと思うと伝えている。私のところに話にきてくれるくらいにね」

ゲイズHCはハムストリングの張りを引き合いにベルを下がらせ、フランク・ゴアの後に新人ラミカル・ペリンを起用した。落胆するベルはツイッターでハムストリングには問題がなく、試合に向けて準備するために練習が必要だと訴えている。

ゲイズHCは報道陣に対し、ベルと長い会話を持ち、今後に向けて良い関係が築けたと考えていると述べた。

「われわれは多くのことを話した。おそらくもう少し違った風にやれることについて話した。彼は私が練習で進めようとしていたいくつかのことを理解してくれた。彼はベテランプレーヤーだからね」

「彼にいくつかのことを説明したときに、彼は私が練習でしようとしていたことについて理解した。彼はわれわれが多くのことをすべて的確にやり遂げ、第1週に向けて皆の態勢を整えるために良い仕事をしなければならないと分かっている」

ジェッツの新しいシーズン――そしてベルとゲイズHCにとってこのフランチャイズでの2つ目のシーズン――は9月13日(日)にバッファローで幕を開ける。ニューヨークはそのころまでにハムストリング、そしてコーチと選手の関係の緊張が解けていることを願っている。

【関連記事】