Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人は変われるし、暴力の連鎖も断ち切れる 映画「プリズン・サークル」、刑務所で更生プログラム撮影

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 両側に独居房(単独室)が並ぶ刑務所のホール。男性受刑者たちが車座となって、虐待やドメスティックバイオレンス(DV)、いじめなど、彼らを形作ってきた被害体験やトラウマを語り合う。仲間と一緒に感情を取り戻す中で、次第に罪を犯した原因と向き合い、被害者の気持ちや自分の未来を考えるようになっていく。公開中のドキュメンタリー映画「プリズン・サークル」は、そんな更生プログラム「TC(セラピューティック・コミュニティ、回復共同体)」の過程を2年にわたって撮り続けた作品だ。日本の刑務所内でこれほど長期の撮影、取材は初めてとみられる。人は変われるし、暴力の被害者が加害者になる「連鎖」も断ち切れることを伝えている。(共同通信編集委員=竹田昌弘)  ■PFI事業の島根あさひ、国内で唯一導入  「プリズン・サークル」の舞台は、島根あさひ社会復帰促進センター(島根県浜田市)。中国山地を貫く浜田自動車道の旭インターチェンジバス停から十数分歩いたところにある。ホームページなどによると、甲子園球場8個分を超える約32万5千平方メートルという広大な敷地には、初犯で犯罪傾向の進んでいない男性受刑者を最大2千人収容する施設などが立ち並んでいる。民間の資金やノウハウを活用したPFI(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)事業の刑務所で、施設の設計、建設に加え、運営の一部も民間の企業グループ(大林組、綜合警備保障など)に委託している。職員は国約200人、民間約350人。

  島根あさひが日本の刑務所で唯一導入しているTCには、面接などで参加を許可された40人前後の「訓練生」が半年~2年程度、刑務作業や食事を共にしながら参加している。臨床心理士や社会福祉士、精神保健福祉士などの資格を持つ民間の専門家が「支援員」として、週12時間のプログラムを運営する。  ■「これだけのことをされてきたから、これくらいしていいだろう」   カメラが追うのは、特殊詐欺の受け子(現金受け取り役)や強盗致傷罪のオヤジ狩り、傷害致死事件などで、懲役2年4カ月~8年の刑が確定した22~29歳の訓練生4人。レモンイエローとグレーのウエアを着た彼らはTCに参加し、親の育児放棄からずっと施設で育ったり、養父から日常的に暴力を振るわれたり、いじめられて性的な虐待も受けたりしたことを明かした。   「親の記憶がなく、ただ一つ覚えているのは、母親とほんの短期間暮らしたときに使っていたシャンプーのにおい」「何度も殴られて血だらけになっても、壁にぶつけられ、穴が開いても、誰も助けてくれなかった」「何回も手首を切って自殺を図った」「虐待した側はストレス発散で、たいしたことじゃないと思っている」「先輩に殴られたので、母親を殴った」 

【関連記事】

最終更新:
47NEWS