Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人原監督「打ちあぐねている」戦況を見定めて大胆采配 逆転に導く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「広島1-6巨人」(29日、マツダスタジアム)  巨人が快勝。三回の逆転劇を演出したのは原監督の采配だった。 【写真】原監督 ナイスピッチングの菅野と笑顔でタッチ  「まあ思い切っていったってことですよね」と、何事もなかったかのように振り返ったのは1点を追う三回だ。「なかなか打ちあぐねているっていうかね」。二回まで1安打の広島・遠藤に足技で揺さぶりを仕掛けた。  先頭若林が四球で出塁すると無死一塁、菅野の打席でバントエンドラン。二塁封殺を狙わせず、得点圏に走者を進めた。  続く吉川尚が死球で1死一、二塁とすると、松原の打席では2ボールからヒットエンドランを仕掛けた。2者がスタートし、松原は外角球をたたきつけて一、二塁間へ。右前適時打となり、同点に追いついた。  なお1死一、三塁。坂本勇の打席でも仕掛け、一走のみがスタートするランエンドヒット。坂本勇の遊ゴロは二塁がセーフとなる併殺崩れとなり、三走が生還した。このイニング、ヒット1本で逆転に成功した。  原監督にしかできないであろう、奇襲戦法がさく裂。選手もその狙いにしっかりこたえた。菅野の12連勝に光が当たるなか、「かなり早い段階で逆転したっていうのも、攻撃陣も見事だったと思う」と野手陣の奮闘も忘れなかった。

【関連記事】