Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自動車税にうんざりしたなら小排気量化! ダウンサイジングしても不満のないパワフル現行車7選

配信

WEB CARTOP

ダウンサイジングターボエンジンは節税にもつながる

 クルマを所有すると、さまざまな税金がかかる。そのひとつが自動車税で、エンジンの排気量によって税額が異なるのはご存じのとおり。2019年10月以降に新規登録する乗用車は総排気量(軽自動車は別、以下同/エコカー減税適用前)1リッター以下で2万5000円、1リッター超え1.5リッター以下が3万500円、1.5リッター超え2リッター以下が3万6000円、2リッター超え2.5リッター以下が4万3500円、2.5リッター超え3リッター以下が5万円~となった。 【写真】大ガス喰いだが走りが楽しい国産車5台!  以前より安くなったとはいえ、クルマの所有にかかわる税金をなるべく安く抑えたいと思うのは誰も同じだ。そんな悩みに応えてくれるのが、時代の潮流でもあるダウンサイジング(ターボ)エンジン搭載車である。エンジンの排気量を小さくして、ターボを付加することで、排気量以上のパフォーマンスを発揮してくれるエンジンは、たとえば1.4リッターエンジン+ターボで、それこそ最高出力170馬力、最大トルク25.5kg-mという、NAガソリンエンジンで言えば2.5リッター級のスペックを発揮していたりする。  今回のテーマのポイントはここからで、しかし、エンジンそのものの排気量はあくまで1.4リッターなので、自動車税は1リッター超え1.5リッター以下の3万500円で済むというわけだ。もし、同じようなスペックを2.5リッターNAガソリンエンジンで得ようとしたら、自動車税は2リッター超え2.5リッター以下のゾーンに入り、4万3500円になってしまう。ダウンサイジングターボエンジンは、軽量化や燃費性能に貢献するだけでなく、日本においては自動車税の節税にもなるパワーユニットなのである。  さて、ここでは、小排気量のダウンサイジングエンジンでも、上記のように、排気量を大きく超えたパフォーマンス、速さを楽しませてくれる国産、輸入車を紹介したい。

1)スズキ・スイフトスポーツ

 国産車の代表格がと言えば、まずはスズキ・スイフトスポーツを挙げずにはいられない。その走行性能は欧州ホットハッチを彷彿させるパフォーマンス、走りの質感の持ち主で、パワーユニットは1371ccのダウンサイジングターボエンジン。スペックは140馬力、23.4kg-mというもの。  最高出力自体、それほど驚くほどの数値ではないものの、車重が6速MTで970kg、6速ATで990kgと軽量だから、まさに弾丸コンパクトと呼べるスポーティーなパフォーマンス、速さを発揮してくれるのだ。それで、自動車税は1リッター超え1.5リッター以下の3万500円で済むのである。

【関連記事】