Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

神戸製鋼、トヨタ自動車などと水素社会実現に向け協議会設立。9社で準備委員会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
鉄鋼新聞

 神戸製鋼所やトヨタ自動車、三井物産など9社は14日、水素社会実現に向けた水素サプライチェーン(供給網)形成などを推進するため、12月初旬に「水素バリューチェーン協議会」を設立すると発表した。神戸製鋼など9社がまず設立準備委員会を立ち上げた。神戸製鋼は水素ステーション向けの技術・製品を手掛けており、水素社会実現に向けて協議会設立に主体的に取り組む方針。  準備委員会に参画するのは、ほかに岩谷産業、ENEOS、川崎重工業、関西電力、東芝、三井住友フィナンシャルグループ。12月の協議会設立に向け、企業や自治体などに参加を働き掛ける。  水素社会を実現するには、安価な水素供給や水素需要創出、技術革新によるコストダウンなどが不可欠といわれている。協議会は企業間の連携などを通じて、こうした課題の解決策を探る。  神戸製鋼は水素ステーション向けの製品を持つほか、複数の水素関連技術を有している。今年9月には、神戸・関西圏水素利活用協議会に参画した。