Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アイスマンが振り返る『トップガン』の熱い日々

配信

ニューズウィーク日本版

<撮影が進むうちに愛着が湧いた>

■ クルーズに「贈り物」 だがクルーズもキルマーたちの悪ノリの標的に。「彼に超高級シャンパンを贈ったが、ボトルをだだっ広い場所に隠し、ヒントを与えて探させた。物陰から見ていると、クルーズはでかい木箱をオートバイまで引きずっていった。アイスマン流の演出は感謝されずじまい。打ち解けたかったが、『氷(アイス)』は解かせなかった」 ■ 作品への愛着 撮影が進むうちに作品に愛着が湧いたという。撮影中は「心底楽しみ、多くを学んだ」。 ■ アイスマンの心の奥へ アイスマンは確かに「嫌な奴」だが、キルマーはその理由を探った。俳優らしく、役の心の奥に入り込もうとした。 「そればかり考えていたら、休憩中に実際に見えたんだ。マクベスがバンクォーの亡霊を見たように、アイスマンの父親が。(これは自分の想像だが)理想の息子だと証明しなくては、とアイスマンに思い詰めさせた男の姿が」 <本誌2020年5月26日号掲載>

ケリー・ウィン(ジャーナリスト)

【関連記事】