Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目の新型ハリアー、兄弟車のRAV4とどこが違う!?

配信

MOTA

2020年6月、大人気SUVのトヨタ ハリアーがモデルチェンジします。新型は同じくトヨタの人気SUVであるRAV4と共通のプラットホームやパワートレーンを採用。RAV4の高評価なハンドリングや動力性能を考えると、新型ハリアーの仕上がりにも大いに期待が持てそうです。そこで今回は、新型ハリアーとRAV4の共通項や違いについて、画像と共に比較してみましょう。 ■新型ハリアーとRAV4を写真で比較する!(画像60枚)

▼前回紹介した新型ハリアー北米仕様の記事は関連記事からチェック!

エクステリア比較

流麗なクーペSUVに進化した新型ハリアー。フロントグリルからヘッドランプへと流れるような連続性のあるデザインに、グリル下部はメッキを連続させ、ヘッドライトの縦幅を狭めたことで、シャープな印象を際立たせたフロントビューとなっています。 リアは、より細く水平基調なデザインとなった横一文字に光るテールランプのデザインがシャープな印象を与えます。 対照的にRAV4は、デザインモチーフであるオクタゴン(八角形)を用いて、フロント・リア共にオフロードイメージに振っていて、大径タイヤとリフトアップ感を強調しています。 因みに先代までのハリアー独自の「鷹のエンブレム」は、4代目となる新型では、ほかのトヨタ車と同様のトヨタエンブレムとなっています。

インテリア比較

ナビを上方へ押し出し、スイッチ類を中央に集めたことでスマートな配置の新型ハリアーのインパネ。「馬の鞍」をイメージしたセンターコンソールは、幅広く立体感を持たせており、上質な革で表皮を覆っています。 RAV4は、先進的なデザインと機能性を両立したバランスのとれたデザイン。オーディオ周りは運転席からの操作しやすさを重視し、走行中の操作もスムーズに行えます。 また、ワイパーやインパネの位置を工夫しクリアな前方視界を確保していて、安全運転に寄与しています。

快適装備比較

新型ハリアーの快適装備では、トヨタ初採用の調光機能付きの電動シェード付パノラマルーフが注目です。電動シェードを開いている時でも、車内に入る光を調節できます。一方、RAV4は前後2枚のガラスで構成される一般的なサンルーフが設定されています。

【関連記事】

最終更新:
MOTA