Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘリ&サウナ、グランピング…アフターコロナの贅沢旅に注目

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 外出自粛の生活は終わったものの、夏休みの海外旅行はまだ難しい。海外に行けない分、国内旅行で奮発してみるのもいいのでは? リッチな移動手段やプライベート感重視の進化系の国内旅行を紹介します。 【写真】ヘリ+ジャグジー付きの宿に泊まれる“進化系”旅プランが人気

【グランピング】  アウトドア初心者でも安心! 至れり尽くせりの贅沢滞在体験

 世界的に注目を集めている“グランピング”とは、キャンプ用品や食材などを用意する必要がなく、手ぶらで行ける「豪華で優雅なキャンプ」のこと。コロナ禍で、密にならないアウトドア人気が高まる中、新しい施設も続々とオープンしている。

 長野県・飯綱東高原リゾートに6月にオープンしたばかりの『GLAMPROOK(グランルーク)』もその1つ。北信越五山に囲まれた自然環境の中、冷暖房完備で42平方メートルのツインドームタイプのテントを日本で初導入。定員は2~5人で料金は1人あたり2万3000円~(サービス料込・消費税別)。宿泊料金の中にレストラン、カフェ&バーのほか、天然温泉も利用できる料金が含まれている。アウトドア初心者でも、快適かつ安心・安全に滞在できるのが利点だ。

【ヘリ+部屋付きサウナ】

 東京から25分のヘリ移動で到着 贅沢なサウナスイートキャビンの旅

 東京から3密回避のヘリコプターで移動し、埼玉県越生町で温泉道場が運営する『BIO-RESORT HOTEL&SPA O Park OGOSE』に泊まる特別プランが期間限定で登場した。プライベートサウナ付き1棟貸しで、人との接触も最小限にできる。片道ヘリ+1泊2食付きで大人1人6万200円~。ちょっとお高めだが、贅沢気分が味わえる。

【キャンピングカー】

 キャンピングカーなどに宿泊しながら『かんぽの宿』の天然温泉や食事を満喫!

 日本郵政が運営する温泉ホテル『かんぽの宿』が、日本カーツーリズム推進協会と提携して車中泊サービス『くるまパーク』を開設。キャンピングカー泊の新しいスタイルとして注目だ。全国33施設のうち、寄居、石和、恵那、鳥羽、淡路島、光、観音寺、日田、阿蘇の9施設で利用可能。同パークを利用すると、かんぽの宿の館内施設が使え、有料で天然温泉やレストランでの食事も楽しめる。

【関連記事】