Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「夫・公認不倫」で話題のウィル・スミスの妻ジェイダ ついにその真相を明かす

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 ジェイダ・ピンケット・スミスが金曜、自身の番組に夫ウィル・スミスと登場。ミュージシャンのオーガスト・アルシナと不倫していたという噂について、ついに口を開いた。  Facebook Watchのトーク番組『Red Table Talk』で、ジェイダは、オーガストと交際していたことを認めた。しかし夫と一時的に別居期間中のことだったとクリアにした。  ジェイダは、オーガストとは最初はプラトニックな関係だったが、その後、夫と復縁することは考えていなかった時期にもっと激しい関係に発展したという。 【写真】ハリウッドを震撼させた、セレブの三角関係13 「4年半くらい前に、オーガストと私たちはとてもいい友人になった。当時、彼が助けを必要としていたことからすべては始まったの。私は彼の健康と精神状態をサポートしたかった。その頃から、あなたと私は難しい時に入っていったのよね。表面上、私たちは別れていた」と彼女は番組に同席していた夫に向かって言った。

ジェイダはその後、オーガストと「ロマンティックな」関わり合いを持ったと認めた。が、2人の関係に夫が「公認」したとほのめかすような記事が書かれたのは誤解だとクリアにした。 「今回の記事に書かれていることで、私がきちんとさせておきたいのは、あなた(夫)が不倫を受け入れていたということ。あの状況の中で許可を出せるのは私だけよ」とジェイダ。 「でもおそらくオーガストが言おうとしていたことは、私たちが友好的に別居中だったから、彼がそれを“公認”と捉えてしまったんだと思うわ。それに彼は自分が家庭を壊したわけじゃないということを明確にしたかったんじゃないかしら。実際に、彼は違うし」 そして彼女は、自分自身に取り組む時間が必要だと主張。自分の幸せを考えて、最終的には夫の元に戻って結婚生活を続ける決心をしたと続けた。また、夫と和解してからは、オーガストはどちらとも連絡をとっていないとも語った。 「彼との関係を経験して、私は自分自身について多くのことを学んだし、感情的未熟さや不安感に立ち向かうことができた。とても深いヒーリングになったわ」と加えていた。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR.com

【関連記事】