Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

57歳からの老後貯金スタート。年金支給額は2万円「希望はありますか?」

配信

MONEY PLUS

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。 今回の相談者は、57歳パートの女性。借金を返済し終え、ようやく自分の老後のために貯金を始めたいといいますが…。FPの高山一惠氏がお答えします。 【図表】老後に必要となる収入と支出の予想金額リスト

【相談者の悩み】

前夫の残した借金を返済し、子供を育て上げた今から自分の老後の貯金のスタートです。今の勤め先は60歳定年です。年金も払えなかった時期があり、支給金額は現在2万円程度です。この先、どのように計画を立てればよいのでしょうか? <相談者プロフィール> ・57歳、女性、独身(離婚) ・子ども:2人(上26歳、下24歳) ・職業:パート・アルバイト ・居住形態:賃貸(一人暮らし) ・毎月の世帯の手取り金額:24万円 ・年間の世帯の手取りボーナス額:なし ・毎月の世帯の支出目安:12万円 【支出の内訳(12万円)】  ・住居費:5万円 ・食費:2万円 ・水道光熱費:1万円 ・保険料:0.4万円 ・通信費:1万円 ・お小遣い:1万円 ・その他:(1.6万円) 【資産状況】 ・毎月の貯蓄額:12万円 ・ボーナスからの貯蓄額:70万円 ・現在の貯蓄総額:90万円 ・現在の投資総額:なし ・現在の負債総額:なし

【FPの回答】

高山: ご質問ありがとうございます。今までいろいろご苦労があったんですね。57歳から老後資金作りをスタートさせるとなると、正直大変ですが、できることを1歩ずつやっていきましょう。安心して老後の生活を送るためには、「長く働き続けること」、「年金を増やすこと」、「お金にも働いてもらうこと」が大切になります。

定年まであと3年でいくら貯められるか?

現在の支出を拝見させていただきましたが、とても堅実に生活していますね。正直、衣食住の基本生活を送るための最小限の生活費で暮らしていらっしゃると思います。これ以上、削減する項目はないですね。 老後に向けて貯金をスタートさせたいとのことですが、まず、定年退職を迎える60歳までに準備できるお金について考えてみましょう。 現在、1か月の生活費が12万円程度、収入は60歳まで24万円の予定となっていますので、単純に計算すると、毎月12万円貯蓄できる計算になります。お金を貯める際、コツコツ貯蓄していくことも大切ですが、大手都市銀行の現在の普通預金の金利は0.001%、定期預金の金利は0.01%と、超がつくほどの低金利。老後までに少しでもお金を増やそうと思うと、資産運用すなわち、お金にも働いてもらう必要があります。毎月の貯蓄12万円から3万円程度を「つみたてNISA」で運用するとよいでしょう。となると、毎月の貯蓄額は9万円となり、60歳までの3年間貯めるとして324万円になります。

【関連記事】