Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

終わらない“テラハの誹謗中傷”、改めて考え直す「SNSとの距離感」

配信

週刊女性PRIME

 5月24日、『テラスハウス』に出演していたスターダム所属の女子プロレスラー・木村花さん(22)の急逝が報道された。未だ死因については明らかになっていないものの、彼女の死を悲しむ声が多く上がった。 【写真】木村花さんが最後に残したメッセージ

アンチがまたアンチを叩く……

 ここ2か月ほど、ネット上では彼女に対しての批判や、中傷とも取れるコメントが相次いでいたのには理由がある。  きっかけは3月に配信された『コスチューム事件』だろう。彼女が「命の次に大事」だと言っていた試合用コスチュームを、出演者であった男性が洗濯、それを発端に彼女の感情的な部分が放送され、瞬く間に集中砲火を浴びることになってしまった。  今回の急逝は“誹謗中傷”が一因となっているのでは、とも言われ、彼女が亡くなったことが報道されると、ネット上では「SNSでの誹謗中傷」についての議論が激化。過去に“アンチコメント”を送っていたアカウントを晒し者にするなど、収拾のつかない事態へとなっていったのだ。  この現状を受け、著名人からもネットリテラシーについて、さまざまな意見が投稿され、サッカーの本田圭佑選手はネットラジオを更新し、「誹謗中傷をするのは本能やから」というタイトルでこう語った。 《誹謗中傷で(される側が)ダメージを受けることは間違いない。でも、誹謗中傷してしまう人たちにも、それぞれの事情がある。誹謗中傷は人間に備わる本能に近い行動で、なくすことは難しい》  著名人の発言は瞬く間に拡散され、“SNSでの誹謗中傷”に対し改めて意識を向ける大きなきっかけとなっただろう。

コロナによる『孤独』は人を追い詰めた

 コロナ禍で、人々は外出自粛や経済不安からくる、さまざまな不満が溜まっていた。そんな中、“コスチューム事件”は配信され、SNSでは木村さんに対し、いつもより過激な批判が見受けられた。木村さんへの批判に限らず、あらゆるところで何かを誹謗中傷するような発言や投稿も増えたのは、コロナによる「孤独」がひとつの要因だろう。  不安と焦り、ネガティブな気持ちがSNS上でも蔓延し、心無い声に傷ついた人もいるだろう。新型コロナウイルスは人々の心も病ませ孤独へと追い詰めたのだ。  大切な人に会えないこと、家の中にこもらなければいけないこと。たったこれだけのことが、私たちにとってどれだけ苦しく悲しいことであったか。緊急事態宣言が解除され、現実での「人との関わり」を実感することができるようになった今、改めて「コミュニケーション」について考え直してみてほしい。  ここ数年、私たちはインターネットと本当に深く関わってきた背景がある。SNSが浸透し始めて、匿名での交友関係の構築、情報の共有などコミュニケーションを補ってくれる欠かせないツールになった。  現実世界での「人との関わり」が断絶されたとき、SNSは現実でのコミュニケーションに代わるものになっていたのではないか。インターネットに身を置く時間が長くなり、SNSによるやりとりも「ほぼリアル」に変わっていったように思う。もはや現実に「会って話す」ことに代わる、ごく身近なパラレルワールドとして、私たちの生活を侵食していったのだ。

【関連記事】