Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10万円を切る価格から手に入る! コンパクトなレーダー式計測器3モデルをプロが比較した

配信

みんなのゴルフダイジェスト

すっかりおなじみになってきた「トラックマン」や「フライトスコープ」といった弾道計測器。興味ある! というゴルファーも多いと思うが、高額でもあり個人で所有するというのは現実的ではなかった。しかし最近では、コンパクトになって手の届く金額のモデルも出てきている。それら3モデルのコンパクト計測器をプロゴルファーが比較した。

フライトスコープ「ミーボ」に上位機種も登場

「トラックマン」や「フライトスコープ」に代表されるレーダー式の弾道測定器。それらを“普段使い”するメリットを、プロゴルファー・中村修はこう説明する。 「正確な飛距離と弾道データを計測できるのはもちろん、たとえば、弾道の高低を打ち分ける練習をした場合に、スピン量や高さがどれくらい変わるのか? ということも確認できますし、ドライバーでシャフト交換をした際の飛距離や初速、スピン量の違いを数値で確認することもできます」 自分は7番アイアンで何ヤードキャリーするのか? といったコース攻略に役立つ情報を数字で管理することもできるし、クラブを替える際にスピン量、打ち出し角、そしてもちろん飛距離などを把握しておけるなど、そのメリットは数え上げればキリがない。 そんな計測機器を一気に身近にしたのが、計測項目を絞って10万円を切る価格で発売された「フライトスコープ ミーボ」だ。そして、2020年に入り、その最新機種「ミーボプラス」が発表された。その最新モデルのレビューも兼ねて、コンパクト計測器の先駆けである「ミーボ」とその最新版である「ミーボプラス」、そのライバル的存在となりそうな「スイングキャディSC300」の3モデルを用意。練習場で中村が実使用して比較した。

「ミーボ」はボール2個分ほどのコンパクトさ

まずは手のひらサイズの弾道計測器フライトスコープ「ミーボ」から見ていこう。GDOでの販売価格は9万円(税抜き)と、消費税込みでも10万円を切るお手頃価格で大きな話題となった機器だ。 計測項目はヘッドスピード、ボール初速、ミート率、打出し角、スピン量、キャリー、飛行時間、高さの8項目。計測したデータはスマホに一覧で表示させることもできるしスマホのカメラと連動してスウィング動画を同時録画することも可能だ。使ってみた印象を中村に聞いた。

【関連記事】