Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ウェディングの新常識】コロナショックを経て、これからの結婚式はどうなる?

配信

集英社ハピプラニュース

コロナショックを経て、新たな日常を模索している今。経験と知恵をもつウェディングプランナー4名にこれからの結婚式について緊急取材! とまどいが募る多くのプレ花嫁に向けて、新しいウェディングの形や今だからこそできる花嫁支度を紹介。現状をポジティブにとらえて、新しい一歩をここから始めよう! 【写真】ウェディングプランナー4名に緊急取材! これからの花嫁支度の新常識10のこと

新居に招待するホームパーティ形式の結婚式

ブライダル業界も転換期を迎えている今、ニュースタンダードのひとつになると期待される少人数のウェディングスタイル。例えば毎週末、コミュニティー別に新居へ招待するなど、自宅で行うアットホームな形式も目を向けたいスタイルだ。「回数を分けて人数を限定することで、ゲストの趣向に沿った花や料理でおもてなしできるのも魅力のひとつ。シェフが新居に伺って料理をふるまい、テーブルセットや装飾を本格的に行うプランも進行中です」(ウェディングパーティ&イベントディレクター NAGANO MAKIさん)。そのほか自宅で家族だけで行う結婚式や、写真館での記念撮影など昔ながらのスタイルも注目だとか。

みんなに祝福してもらえるオンライン婚が加速

オンラインでのウェディングプランも続々とリリース中。“結婚式をあきらめない”というメッセージを掲げ、2020年5月から「HAKU wedding online」というニュータイプのサービスをスタートしたHAKU。式当日のプログラムはZoomなどのアプリを用いてオンラインで完結できる流れだが、離れていても一体感を感じられる様々な演出を用意。「例えば、ゲストの自宅にケータリングを届けて“いただきます”の合図で一緒に同じ料理を味わったり、お揃いの蝶ネクタイやリストブーケを送る、ふたりからの手紙を一斉に読むなど。新たな可能性にあふれた、結婚式のニュースタイルです!」(HAKU 廣瀬祐子さん)

開放的な屋外ウェディングの人気が過熱

ソーシャルディスタンスという新たな価値観の中で、ビーチやガーデンなど広々とした屋外で行うウェディングが一層注目される予感。これから会場を選ぶふたりは、演出の自由度も高いオープンエアな空間にぜひ視野を広げてみて。「テントを張ってゲストやお子様が自由に遊べるグランピングエリアを設けたり、太陽の下でアイスに好きなだけトッピングをアレンジできるビュッフェコンテンツなど、今後は屋外ならではの演出をさらに充実させていきたいです」(WEDDING CIRCUS 山田まどかさん)

【関連記事】