Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「自転車に乗れない」「逆上がりができない」ちびっ子たちのお悩み解決!体操教室の講師に教わる練習法!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

毎週月~金曜日の夕方にCBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。毎週水曜日の人気コーナー『全力!お助けちゃん』では毎回、何事にも全力で取り組むBOYS AND MENの平松賢人が視聴者の方から寄せられたお悩みをサポートしています。 今回は、特にお助け依頼の多い「自転車」と「逆上がり」の傑作選! 「なかなか自転車に乗れない」「逆上がりができない」ちびっ子たち、そして「教え方がわからない」というパパさん・ママさん、ぜひ参考にしてくださいね。

教えてくれる助っ人は、体操教室トライアルスポーツの講師、今井栄司さんです。

自転車に乗りたい!

相談者は当時5歳のYくん。お母さんにベッタリな甘えん坊の男の子です。 Yくんは自転車の練習をした時に転んでしまい、それ以来トラウマになっているそう。でも、恐怖心を払拭して自転車に乗れるようになりたい!との依頼です。

■ポイント1:目線は正面に

今井先生曰く、Yくんのように恐怖心があると、下を見てしまうお子さんが多いそう。しかし、目線が下向きになると自転車は安定せず、蛇行運転になってしまいます。途中でグラグラしてしまっても、前を見て姿勢よく進む練習をしましょう。 早速Yくんも真っ直ぐ前を見て地面に足をついて進みます。目線を正面に向けただけで、今までのようにグラつかなくなりました。

■ポイント2:自力でペダルを漕ぐ

次は、今井先生が自転車の後ろを持ち、Yくんはペダルに足を置いて漕ぐ練習です。 後ろで支えてもらっている安心感もあってか、少し先にいる平松くんに向かって、真っ直ぐ前を見て漕ぐことができました。

■ポイント3:ブレーキを使って停車

自転車を足で止めるのではなく、ブレーキを使うことが大切。ちゃんとブレーキを使って止まれるように練習しましょう。Yくんもブレーキが上手に使えるようになってきました。

■ポイント4:途中で支えている手を離す

Yくんの自転車が安定した時にだけ、今井先生は後ろで支えていた手を離します。慣れてきたら距離を徐々に伸ばしていきましょう。

何度か練習していくうちに、Yくんも少しずつ記録が伸びるように。その姿に平松くんも興奮気味です。

【関連記事】