Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

配信

サライ.jp

写真・文/矢崎海里 外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。 香味野菜として知られており、香り豊かで食欲をそそるにんにく。 旬の今は質のよい国産も多く流通しています。 今回はにんにくを使ったレシピを2品ご紹介します。 にんにくの栄養を逃さない調理ポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

きゅうりのにんにく葱だれがけ

【材料】(1人分) きゅうり 1/2本 長葱 5cm にんにく 1かけ 赤唐辛子 少々 いりごま お好みで 鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1/4 ごま油 大さじ1

【作り方】

1.きゅうりは袋に入れ麺棒やコップの裏などで叩き割る。ある程度割れ目ができたら手で食べやすい大きさに割り、いりごまと和える。

2.長葱、にんにくはみじん切りに、赤唐辛子は種を取り輪切りにする。

3.鍋に2と鶏がらスープの素、ごま油を入れ、弱火で加熱する。長葱やにんにくの色が変わり、香りが出たら火を止める。 4.きゅうりの上から3をかけ、完成。 にんにくだけではなく、長葱の香りや香ばしさ、赤唐辛子のほのかな辛味を生かしたタレは、一手間かけて加熱するのがポイントです。 ごま油の香ばしさも引き立ち、熱いうちにきゅうりと和えることで味をなじませます。 また、きゅうりは包丁で切らず叩き割ることで、繊維を壊し、味を染み込みやすくしています。 にんにくには「アリシン」という成分が豊富に含まれているのが特徴です。 アリシンは抗菌・殺菌作用があるほか、ビタミンB1と結合することで吸収を高め、疲労回復にはたらきます。 このような作用から、豚肉とにんにくは相性がよい、にんにくはスタミナ食材といわれています。 アリシンは油と合わせることで吸収率アップ。 ゆっくり弱火することで匂いを抑えることができます。 また、アリシンは空気中に逃げていってしまう成分なので、なるべく手早く調理しましょう。 食塩相当量:0.3g

【関連記事】