Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【野球選手の救急対応】ボールが胸に当たった時の対処法

配信

Baseball Geeks

日本スポーツ振興センターが取りまとめている野球現場における死亡事故事例13年間を見てみると、野球現場で起こりえる重篤な事故で最も多いのが心臓系突然死となっている(引用1)。 特に野球における心臓系突然死の大多数は、胸部にボールが当たったことで起こる心臓震盪が原因となっている。この心臓震盪とは前胸部に加えられた機械的刺激により発生した心停止と定義されており、その半数以上は野球やソフトボールが占めている(引用2)。 心臓系突然死に対するファーストエイド方法は、心肺蘇生法とAED実施であることは多くの方は「知っている」であろう。しかし、「多くの人がいる中で、突然目の前で選手が倒れた時に、迅速かつ正確に心肺蘇生法とAEDを実施することはできますか」と問われたら、あなたはどうだろうか? そこで、今回は胸部にボールが当たったことで生じる心臓震盪に対して”知っている”から”できる”ようにするためのファーストエイドについて紹介する。

野球現場に必要な心肺蘇生とAEDの早期対応

昨今では、学校やスポーツ現場に必ず1台はAEDが設置されており、その重要性は多くに浸透している。では心肺蘇生法とAED実施の有無が社会復帰率(元の生活に戻れた)にどの程度影響するのだろうか。 図は総務省消防庁が発表している心肺停止状態を一般市民(医師や救急救命士など以外)がみつけた場合にとった救急対応別の社会復帰率を示したものである(引用2)。1年間で約25,000人がその対象者になった中で、心肺蘇生法を実施しなかった場合の社会復帰率はたった4.6%であったのに対して、心肺蘇生法を実施した場合だと2.6倍の11.9%になる。 さらに、心肺蘇生法に加えてAEDを実施した場合だと社会復帰率は45.7%と心肺蘇生法を実施しなかった場合と比べて約10倍にもなる(図)。 つまり、心肺蘇生法やAEDを実施するかしないかで、社会復帰率は大きく異なる。特に心臓震盪は高確率で心臓が痙攣状態になる心室細動が観察されると報告されている(引用2)。

【関連記事】