Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京都 243人感染 「夜の街」対策強化へ 全国では400人超える

配信

FNNプライムオンライン

東京で過去最多となる新たな感染

10日、新たに243人の新型コロナウイルスの感染が確認された東京都。 9日に続き、2日連続で200人を超え、一日あたりの感染者数では、過去最多となった。 【画像】東京で過去最多となる新たな感染 濃厚接触者は142人にのぼり、このうち92人がホストクラブなどの夜の街の関係者で、そのほか、家庭内が17人、会食が12人、職場内が5人。 また、感染経路不明は101人にのぼり、9日に続き、2日連続で100人を超えた。 この数字に、都庁の関係者は...。 都庁関係者「いつ200になってもおかしくないと思っていたし、いつ300を超えてもおかしくないと思う。しかし、実際に200を超えると、しかも2日続けてとなると厳しい」 年代別では、30代までの若い世代が8割近くにのぼり、地域別では、新宿エリアが102人で、このうち93人が夜の街での感染だった。 この夜の街への対策について、小池知事は10日、西村経済再生担当相や新宿区長、豊島区長などと意見交換。 PCR検査を拡充していくほか、ガイドラインを守らない店の利用を控えるよう呼びかけることなどで一致した。 また、西村経済再生相は、現時点では店舗への休業要請は行わない考えを示した。 西村経済再生相: 将来、いろんな事態も考えられるので、特措法に基づく要請も検討はしていくが、まずは事業者の皆さんが前向きに取り組んでいることを、そしてまた両区長が先頭に立って進めている取り組み、これをぜひ国としてもサポートしていきたい 会談に参加した政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長: 今回の感染は夜のクラスターが核になって進んだことは、ほぼ間違いない。 そこからだんだんとほかに感染がいき、2次感染、それが家庭・病院・地方にいっているが、東京のどこで感染したかわからないのは心配。 今回、夜の街についての関心がかなり高まって、いろんなことがなされていて、この効果がどれだけでるのかは、もう少し時間がたつと少しずつわかってくる

【関連記事】