Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダイモン氏「米景気急回復に十分な可能性」-1年下降続けば良くない

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米銀最大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は26日、米政府の刺激策と新型コロナウイルスの感染拡大下でも消費が力強いおかげで、米景気が7-9月(第3四半期)以降、速いペースで回復する「かなり十分な見込みがある」との認識を明らかにした。

ダイモンCEOはドイツ銀行主催のバーチャル会議で、「かなり急速な回復を見る可能性がある。政府の反応はかなり速く、大企業に必要な資金があり、小規模企業も生き残っていると期待したい」と語った。

ダイモン氏は失業率が4-6月(第2四半期)に18%前後に急上昇した後、7-9月に14%に低下し、年末までに10%ないし11%程度になるとのエコノミスト予測に言及した。

米連邦準備制度(FED)の対応について、迅速な行動で正しいことを行ったと思うと同氏は発言。「FEDは戦力を全て投じた。これらのプログラムは発表されただけで市場のスプレッドを縮小させた。多くの小規模企業を救い、人々のストレス回避に役立つだろう」と述べた。

ただその一方で、景気下降の長期化もなおあり得るとし、「それが1年続けば、あまり良くないだろう。株式市場を永遠に支え続けることはできない」と警告した。

原題:Dimon Sees Good Chance for a Rapid U.S. Economic Recovery (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Michelle F Davis

【関連記事】