Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

需要高まる『マイバッグ』 売れ筋は… 販売店は売り場増やして対応 レジ袋有料化で普及進むか

配信

NBS長野放送

長野放送

レジ袋の有料化に伴って需要が高まりそうなのが「マイバッグ」です。販売店でも、売り場の面積を増やすなどしていて、一気に普及が進むか注目されています。 (リポート) 「長野市のこちらのお店では、色も形もさまざまなエコバッグが並んでいます」 長野市の「東急ハンズ長野店」も、マイバッグの販売に力を入れています。 東急ハンズ長野店・東福寺宙さん: 「7月1日のレジバッグ有料化に伴って、多くのお客さまにご来店いただいています」 販売しているマイバッグは150種類以上、売り場面積を例年の2倍以上に拡げました。6月の売り上げは去年のおよそ4倍ということです。 売れ筋の商品は…。 東急ハンズ長野店・東福寺宙さん: 「当店で一番売れているのは、こちらの商品です」 袋を買い物かごにかけ、清算した商品をそのまま包めます。使い終わった後も…。 東急ハンズ長野店・東福寺宙さん: 「端と端を持っていただくと…しゅぱっと!」 巻けば簡単にしまうこともできます。 このほか、コンパクトに畳めて、ちょっとした買い物に便利なタイプも人気です。 そして、普通のトートバッグのような、こちら。横の取っ手を使えば…。 東急ハンズ長野店・東福寺宙さん: 「今ここに(ディスプレイ用の)ピザがご用意ございます。これを入れていただくと、そのまま傾けずに持っていくことができる」 ピザやお寿司などをテイクアウトする時に重宝しそうです。 県の調査では、2019年の県内のマイバッグ持参率は69%。ここ7年程、横ばい状態が続いています。 豊富なデザインや機能の商品が増える中、マイバッグの普及がさらに進むことが期待されます。

長野放送