Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アヴァノスの末脚に★6つ 将来は決め手◎のマイル王に!?【2歳馬チェック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
優馬

急坂を苦にしない脚力 アヴァノス

9/13(日) 中山5R 2歳新馬 芝1600m外 アヴァノス 牡 馬体重:450kg ★★★★★★ 6点 騎手:丸山 厩舎:(美)和田郎 生産:ノーザンファーム 馬主:吉田勝己 父ダイワメジャー 母エセンテペ(Oratorio) 【写真】モーリス産駒アドマイヤハレーが2戦目で初勝利 スタートは上々だったが、外目の枠ということもあってか、序盤は中団で待機。勝負所でジリジリと差を詰めていくと、直線の急坂をまったく問題にせず、ゴール前でキッチリと捉え切った。レースのラスト1Fが11秒6だから、自身は11秒フラットに近い数字だろう。これは新馬戦の緩い流れを差し引いても優秀と言える。着差以上に強いレース内容で、今後が楽しみ。 ■馬体診断 ダイワメジャーの牡馬とすれば450キロという馬体重はやや少なく映るが、全体的に小柄なシルエットでも筋肉のボリューム感は十分。脚捌きやスナップの利きに柔軟さがあって、これが実戦での切れ味に繋がっていそう。胴は詰まり気味で、見た目にはマイル以下に適性がありそうな印象。 ■血統診断 母エセンテペは英1000ギニーの前哨戦、GIII・ネルグウィンS(芝1400m)の勝ち馬。母父OratorioはエクリプスS勝ちなど2000m級で活躍したが、2歳時には短距離路線でも活躍。母系はスプリント~マイル向きのスピードタイプだが、これに父ダイワメジャーが組み合わさることで、よりマイル色が強調された格好になる。 将来性まとめ→距離適性はマイル戦かそれより短いカテゴリーだろう。急坂を苦にしないパワフルさと瞬発力があり、レースセンスも十分。幅広い条件で力を出せるタイプ。

【関連記事】

最終更新:
優馬