Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもは短気・ジコチューであたりまえ!

配信

PHPファミリー

◆気負わないことから始めよう

子どもが言うことを聞いてくれないときは、「どうして友だちにおもちゃを貸してあげられないの!」「なぜ、さっさと片づけないの!」などとイライラが募りますよね。 親のほうは、さほど意識せずに「おもちゃは仲良く使う」「今、片づけて、次に○○をする」など、いろいろな自分の基準や時間管理、段取りを考えて、子どもに伝えています。でも、それはあくまでも親の考え方や基準です。子どもにも子どもなりの気持ちや考え方、時間の流れがあります。 「なんでも子どもの言うとおりにしよう」と言っているわけではありません。親とは違う気持ちをもっているということを認めることから始めましょう。 「おもちゃを使いたいんだね」「まだ片づけたくないんだね」と、子どもの気持ちを大事にすると、子どもの自己肯定感が育まれていきます。 大切なのは、子どもの気持ちを否定しないということです。親と子どもの希望が食い違っていると、イライラして、つい怒鳴りつけたくなることもありますが、子どもの気持ちは尊重し、次の行動をどうするかは、子どもと相談して折り合いをつけていきましょう。

◆イライラの手当てをしよう

親が自分を客観的に見つめることは、とても大事です。イライラするのはどんなときか、考えてみましょう。 「時間がないとき」「やることがいっぱいのとき」「疲れているとき」など、きっといろいろな場合が思い浮かぶと思います。可能なものは手当てをしましょう。 自分が疲れていたり、よく眠れていないなら、一時預かりやファミリーサポートを使ったり、パートナーに協力してもらって休息時間をとるなどの方法があります。 また、心の余白をもてるように、1日の時間配分や、やるべきことを軽減できないか(買い物なら、まとめ買いをしたり、ネットスーパーを使うなど)も見直してみましょう。

◆子どもの「いいところ」を見よう

誰でも、子どもの「できていないなあ」と思うところには、つい目がいってしまうものです。しかも、日本は謙遜の文化の国でもあり、子どもに限らず、相手をほめることが少ないように思います。 でも、「○○しちゃダメ!」「何度言ったらわかるの!」とたくさん叱るのではなく、逆に、いいところを見つけてほめていくと、いいところが増えていく。これは「肯定的注目」と言われるものです。 もちろん、してはいけないことは「やめなさい」と短くきっぱりと伝えることも大切ですが、助かったこと、よかったことは、「○○君がお皿を運んでくれて助かった」など、言葉にして伝えましょう。

【関連記事】