Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

玄関の前で「アブラ・カタブラ!」と大声で叫び、走り去ったAmazon女性配達員がSNSで大絶賛されている理由

配信

FINDERS

誰もが不安を抱えて生きているウィズコロナの時代。そんな社会に必要なのは、思いやりのこもった笑いなのかもしれない。 そんな中、Amazon女性配達員のユーモラスな姿に、SNSで笑顔が広まっている。

13歳の息子のイタズラに全力で応えたAmazon女性配達員

米国デラウェア州マグノリアに暮らすリン・スタッフィエリさんは、飼っている子猫のため、Amazonでサークルを注文した。6月中旬、リンさんが外出中、誰かが自宅を訪ねてきたとスマホに通知が入った。ドアベルの映像を確認してみると、Amazon女性配達員が玄関の前に段ボールを置くと、3回ノックし「アブラ・カダブラ!」と大声で叫んで、そのまま大急ぎで走り去る姿が収められていた。 Amazon女性配達員はなぜこのような奇妙な行動を取ったのだろうか? この映像を見て大笑いするリンさんの息子ジェイコブ君(13歳)が、秘密を打ち明けた。 ジェイコブ君は、Amazonでの注文の際、自宅の住所を見つけるための追加の記入欄に、こっそりと「ドアを3回ノックして、『アブラ・カダブラ!』と大声で叫んで、走って逃げてください」と書き込んでいたのだ。まさかそんな指示に本当に従う人はいないだろうと、ジェイコブ君も忘れかけていた矢先のハプニングに、一家は笑いに包まれたという。 リンさんは『CNN』の取材に、ジェイコブ君の行いを謝罪しながら、「社会に不可欠なエッセンシャル・ワーカーはとてもタフで、たくさんの注文が入りとても忙しかったはずです」「この Amazon女性配達員の心遣いは、我が家に笑いを届けてくれたのです」と答えた。

Facebookで225万再生

リンさんは6月15日、このドアベルの映像をFacebookに投稿すると、またたく間拡散され、現在225万再生を記録。SNS上に大きな反響を呼んだ。「この女性は昇給に値する」「彼女はとても愛らしい!」「イタズラに付き合ってくれるなんて、なんて素晴らしい配達員なんだろう」と称賛の声が相次いだ。 このAmazon女性配達員はこんなにも多くの人を笑顔にしたことを知ってほしいとリンさん。社会的距離を取らざるを得ない今、思いやりのこもった笑いこそが、人々の気持ちを少しだけ明るくできるはずだ。

nanchatic

【関連記事】

最終更新:
FINDERS