Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・藤浪は「あいつを勝たせたいと思わせないといけない」名伯楽・内田順三氏の考え

配信

デイリースポーツ

 阪神・藤浪晋太郎投手が練習に遅刻したことを理由に2軍降格となった。復活が期待される逸材に対し、矢野監督は「自分を見つめ直してほしい」と厳しい措置を選択。その対応にさまざまな声も挙がっているなか、広島や巨人で数々の強打者を育成し、名伯楽と呼ばれる内田順三氏(デイリースポーツウェブ評論家)に考えを聞いた。  ◇ ◇  遅刻での罰則というのは、プロ野球界では珍しいことではない。過去には罰金、罰走、外出禁止などの措置が取られたこともあった。誰でもミスはあると思うが、藤浪の場合、おそらく積み重ねたものがあったのだろう。  ひとつ言えるのは、藤浪はファームの選手とは違う。それなりの金ももらっているからこそ、立ち居振る舞いで見せなければいけない責任もある。  思い出すのは巨人コーチ時代、阿部慎之助の1年目。ドラフト1位で巨人入りし、連日スタメンに名を連ねていたが、若手の早出練習に参加させていた。特別扱いはできないという考えだったが、疲れがたまると、遅刻することがあった。同情の余地もあったが、こちらも厳しい姿勢で叱り、打撃練習中のゲージ横で正座をさせたこともある。今ならパワハラと言われてしまうかもしれないが、「慢心させてはいけない」という思いだった。彼はこちらの意図を理解し、立派なリーダーとなってくれた。  こじつけと思われるかもしれないが、一日の始まりで遅れるということは、試合でいいスタートは切れない。他のスポーツだって同じでしょう。巨人には「ジャイアンツタイム」というものがあったが、阪神にだって、5分前、10分前には集合という約束ごとが必ずあるはず。いくらいい選手でも、仕事だからそれに従わないといけない。  彼は戦力だし、状態が上がってきていたのだとすれば、なおさら矢野監督も使いたかったはず。でも、個人ではなくチームだから必要な決断だったと思う。指導者は選手にいい習慣を身につけさせてやることも大事だよ。  監督がそうした以上、周囲も甘い言葉はかけず、ダメなことだと分からせてやること。一方で、藤浪は自分で答えをつかまないといけない。必死な姿を見せて、守っている仲間に「あいつを勝たせたい」と思わせないといけない。もう一度、生まれ変わるチャンスだと思ってやってほしい。

【関連記事】