Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大分と山梨で36.7℃ 全国今年最高 6日(木)も熱中症に警戒

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 きょう5日は、東北南部から九州にかけて厳しい暑さとなっている。大分県日田市と山梨県甲州市で最高気温が36.7℃まで上がり、全国で今年一番の高温となった(午後2時10分まで)  5日は東北南部、東・西日本で晴れた所が多く、朝から早いペースで気温が上がった。岐阜市、福島市、熊谷市、鳥取市などで35℃を超え、猛暑日は53地点で今年最多となっている(午後2時10分まで)。東京都心でも午後2時40分すぎに最高気温が34.2℃まで上がり、今年一番の暑さとなった。

6日(木)豊岡(兵庫)は38℃

 あす6日も高気圧に覆われて晴れる地域が多く、東北南部、東・西日本の内陸や日本海側で気温が高くなりそうだ。6日も熱中症の危険度が特に高くなるため、屋外で活動する際はこまめに水分や塩分を補給し、室内でも冷房を適切に使用するなど室温管理が必要だ。また、頭痛や体のふらつき、だるさなど体調に異変を感じたら、少しでも涼しい場所へ移動し、休息をとるように心がけたい。 <6日の予想最高気温>  38℃ 豊岡(兵庫)  36℃ 福島、福井、松江、鳥取、日田(大分)など  35℃ 山形、新潟、富山、京都、岡山、熊本など (気象予報士・高橋和也)

【関連記事】