Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【特集】異例の夏山 山小屋も“新様式”で営業 「登山者のいる山を守りたい」 救助訓練も実施 4月には「感染疑い」の事例も

配信

NBS長野放送

特集は、新型コロナウイルスの影響で異例のシーズンを迎えている信州の夏山です。営業を始めた山小屋は、感染予防の新しいスタイルで登山者を受け入れ、「感染者の遭難」にも備えています。 長野と山梨の県境にあり、登山者に人気の「八ヶ岳連峰」。晴れていれば雄大な眺めを楽しみながら登ることができます。 取材した7月23日は、時折、雨が降り、ガスで見通しもきかないあいにくの天気。訪れる人も少な目でした。 こちらは、赤岳の山頂に向かうルートにある「赤岳天望荘」。標高2722メートルに位置し、その名の通り富士山や北アルプスも望める人気の山小屋です。 スタッフ: 「体調はお二人とも異常ない?」 登山客: 「はい、一緒でいいです」 下界の施設同様、感染予防のため受付にアクリル板を設置し、チェックインの時には体調に異常がないかを確認。空気は薄いもののマスクの着用も呼びかけています。 赤岳天望荘は、当初、4月にオープンする予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で自粛。営業を始めたのは2カ月遅れの6月20日です。 この日は30人ほどの登山者が利用しました。 赤岳天望荘・藤森周二代表: 「オープンしてほっとしたというよりも、これから大変かなという思いもあるし」 山を愛する人たちを新型コロナウイルスから守るため、赤岳展望荘ではさまざまな対策をしています。

まず、宿泊は完全予約制とし、「密」を避けるため、受け入れは従来の200人から半分以下の90人に制限しました。 赤岳天望荘・藤森周二代表: 「これくらいの間隔をあけた形が、これからの天望荘の大部屋スタイル」 これまで15人ほどが雑魚寝していた大部屋は、新たにベッドを入れて10人までとしました。シーツや枕カバーは、特殊な紙で作った使い捨てのタイプにしました。 赤岳天望荘・藤森周二代表: 「使い捨ては時代に逆行しているところはあるかもしれないが、感染を防止するためにはこういう物が必要」

【関連記事】