Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

村上春樹さんDJ「村上RADIO」緊急特別版の総指揮者が明かす「コロナ禍の奇跡」

配信

デイリー新潮

 作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめる番組『村上RADIO』では、5月22日(金)22時00分~23時55分の約2時間にわたり、『村上RADIO ステイホームスペシャル ~明るいあしたを迎えるための音楽』を放送した。コロナ禍の緊急事態の中、収録が村上さんの自宅書斎で行われた緊急特別版。その濃密な裏側を番組の総指揮者・延江浩が明かす。

2週間あまりしかなかった準備期間

「村上RADIO」緊急特別版は、まさに怒涛の勢いで作った番組だ。村上春樹さんは「宅録」にチャレンジし、限られたスタッフは全員リモートワークで、制作期間は放送まで2週間あまりしかないというぎりぎりの状況だった。  5月22日金曜午後23時55分、その日最後のニュースが始まり、『村上RADIO』が無事にオンエアされたことを確認し、僕はしばらくの間、放心状態になってしまった。  この1か月、番組タイトルにあるように「ステイホーム」での仕事だった。急きょ企画された番組作りはいつも以上に大変だった。在宅での仕事は一見のんびりしているように思えるが、2時間の番組を短期間で制作するためのコミュケーションは並大抵ではなかった。  朝起きて2匹の兄弟飼い猫と顔を合わせ、ズーム会議後に昼食を摂る。午睡の前に本を読み、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」を聴きながら自宅そばの森林公園を散歩し、人影のないゴルフ場で新緑を眺め、夕方にはビールを飲みながらNetflixでドキュメンタリーを観て寝る……だが、僕がイメージしたそんな夢のような「新しい日常」はそう簡単には実現しなかった。それどころか、緊張の連続だったといっていい。  緊急特別版の放送翌週、局に上がると机の上には国内の数々の新聞をはじめ、NHK「おはよう日本」、仏紙「リベラシオン」や米「ニューヨークタイムズ」の資料がどさっと置かれていた。想像以上の反響だった。今回は、海外の村上ファンにもメッセージを共有してもらいたくて、新潮社のWebマガジン「考える人」と協力し合い、村上さんの語りをすぐに英文に翻訳して掲載していた。番組の中身が新聞やTVによって、海外にまで幅広く報じられたことは感慨深いものがあった。  文字化された記事に目を通すと、いろいろなことを思い出した。何度村上春樹さんとやりとりしたことだろう。早起きの村上さんとのやりとりはいつも午前中だった。

【関連記事】