Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SEOとは? 初心者でもわかる定義や対策のやり方[デジタルマーケのプロが解説]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

取引先の企業と新しいキャンペーン用のWebサイトについて打合せをしているときに、「SEO対策をしてほしい」とリクエストされた。「任せてください!」と笑顔で答えたものの、“SEO対策”って何のこと……? 聞いたことはあるけれど、実はよく知らないという人も多いのではないでしょうか?

“SEO”とはWebサイトをインターネットの検索結果で上位に表示させるための施策です。デジタルマーケティングアドバイザー&コンサルタントの山浦直宏さんは、Google検索エンジンへの対策がカギだと言います。正しい手順で進めるための方法をうかがいました。

SEOでWebサイトへのアクセスが増加

ユーザーはWebサイトで検索するとき、GoogleやYahoo! などの検索順位上位にあるサイトから見ようとします。つまり、検索順位の上位に自分のWebサイトを置くことができれば、ビジネスチャンスも広がっていくわけです。 そのための対策をSEO(Search Engine Optimization)と呼びます。SEOは、サイト運営者が狙った指定キーワードで検索サイトの上位に表示して、Webサイトへのアクセスを増やすことを目的としています。なお、現在のSEOは、Google検索エンジンについての対策となっています。

効果をあげるためのポイント4つ

SEOで効果をあげるにはどうすればいいでしょうか? それは、自社のWebサイトが、検索するユーザーの問いに対して、適切な内容であり、検索エンジンに対してわかりやすい構造になっているかどうかにかかっています。 そのために心がけることは、 ・適切なページタイトルをつける ・メタタグを設定する ・わかりやすいサイト構造とナビゲーション ・質の高いコンテンツの提供 以上の4点になります。 ≪イラスト解説≫ <そこでSEOの基本を身につける> ●良質なコンテンツ提供 (Googleの「検索エンジン最適化スターターガイド」を参照しよう) ●適切なページタイトルを決める ●メタタグの設定 ●わかりやすいサイト構造やナビゲーションに

【関連記事】