Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“ニューノーマル”の授賞式とは? コロナ禍のエミー賞をD姐が総括。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

第72回エミー賞の授賞式が9月20日(現地時間)にヴァーチャル形式で開催された。例年であればドレスアップした人気セレブたちがプレゼンターやゲストとして登場し、受賞者たちが感動的なスピーチで会場を盛り上げるが、今年は違った。コロナ禍ならでは演出やハプニングもあった、米テレビ界の祭典をLA在住のD姐が詳報する。

無観客の会場から、候補者のいる100カ所以上と中継。

9月20日(現地時間)に開催された第72回エミー賞。コロナ禍真っ只中の授賞式は、やはり“ニューノーマル”だった。会場はロサンゼルスの中心地ダウンタウン、NBAレイカーズの本拠地でもあるステイプルズ・センターだ。例年エミー賞が開催されるのは、ステイプルズ・センターの通り向かいにあるマイクロソフトシアターというTV中継に最適に設計されたコンサートホールで、ここの最大キャパシティは7100席。だが、今年は観客もノミニー(候補者)の出席もゼロというのに、敢えて会場をキャパ2万席のアリーナスタジアムのステイプルズ・センターに拡大変更した。これはおよそ140名の授賞式中継スタッフのソーシャル・ディスタンスを守るため。 26万人の感染者、6000人を超える死者を出した人口400万人のロサンゼルス(郡)ではコンサートも映画館も営業停止、スポーツも観客なし、レストランの屋内営業は禁止(宅配かピックアップ、屋外のみ営業OK)で、個人宅でも多人数が集まるパーティーは禁止という厳しい状況が続いている。パーティーで大騒ぎしているとその場で電気・水道を止められてしまうという行政措置もあるし、悪質な場合には主催者は訴追され、有罪なら罰金20万円&禁固刑1年で、8月には豪邸で21歳の誕生日パーティーをしていたTikTokセレブが訴追されたばかりだ。当然、エミー賞だって例外ではない。

肝心の授賞式だが、アカデミー賞の司会も務めたジミー・キンメルがステイプルズ・センターにポツンと一人。候補者たちは自宅などからのオンライン中継ということで、その数100カ所以上というから、びっしりと並べられた大量の中継モニターの壁はまさに家電量販店のテレビ売り場のよう。また出演者やスタッフは全員が会場入りの際にCPR検査を受け、このおかげでE!ネットワークでのレッドカーペット中継番組の出演の予定だったヴィヴィカ・A・フォックスと司会者のジウリアナ・ランシックの陽性が判明して、即自宅待機で出演取りやめとなった。 ということで始まったPandEmmy(パンデミック×エミー)だが、一部のセレブがプレゼンターとして実際に会場を訪れて出演した以外に、今回は医療従事者などコロナ禍で活躍した一般人などがビデオ中継出演するシーンも多く取り入れられ、これは何かのデジャブか?と思ったが、そういえばちょうど一カ月前に開催された民主党全国大会にそっくりだった。 とはいえ、生PCR検査をしたSNL出身のジェイソン・サダイキスや、「慌ててメールを読んでアル・パチーノと一緒にプレゼンター、だと思ったら、アルパカだった」と本当に蝶ネクタイ姿のアルパカを連れて登場したランドール・パークはなかなか好評だった。

【関連記事】