Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「『展覧会の告知』の展覧会」という構造が生み出すズレ。磯谷博史の個展「5つの印象」がCAGE GALLERYで開催中

配信

美術手帖

 様々な素材と形式を行き来するような作品で、多層的な出来事の発生を試みるアーティストの磯谷博史。その個展「5つの印象」が、東京・恵比寿のCAGE GALLERYで開催されている。会期は3月29日まで。  磯谷は1978年生まれ。近年は、主に写真を媒介に時間と事物の関係を扱ってきた。パリのポンピドゥー・センターが主催するコレクション展「The Specter of Surrealism」(2017)や、森美術館による展覧会「六本木クロッシング2019展:つないでみる」(2019)、ポーラ美術館での「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」(2019)などに参加。国内外で勢力的に活動を行っている。  本展は、セピアカラーの掌の写真と絵具で構成され、オリンピックの期間と場所に重なった、ある展覧会を告知する2枚のポスターからなる。その掌には5つの円が描かれており、これは過去にオリンピックを開催した国々の硬貨を肌に押し付け、充血させることで視覚化したものだという。写真はセピアカラーに置き換えられ、さらに、かつてそこにあった充血の色がペイントされている。  ここでポスターに記載される情報は、近い将来起こる出来事の告知だが、そのいっぽうで、写真はやがて消えゆく肌の刻印を写した過去の記録だ。また事後的にペイントされた絵具は、現在を強調する印としてとらえることができるだろう。  本展は「『展覧会の告知』の展覧会」という構造を持ち、同ギャラリーにおける本展の会期と、本展によって告知されるある展覧会の会期との間にズレを生む。様々な方法で複数の時間が織り込まれた本展を目撃してほしい。

【関連記事】