Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「坦坦焼豚」で地域貢献 南相馬小高工房×福相食品工業

配信

福島民報

 南相馬市小高区で唐辛子栽培などに取り組む小高工房は、同区の食肉加工業・福相食品工業と連携し、「小高一味 坦坦焼豚」を開発した。新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続くが、新商品で巻き返しを図る。小高工房代表の広畑裕子さん(61)は「困ったとは言っていられない。新商品で地域に貢献したい」と前向きだ。  商品は同社の唐辛子と福相食品工業の豚肉を使ったチャーシューで、地元産にこだわった。同工房の一味をふんだんに使い、ご飯やお酒に合う味付けにしたという。賞味期限は約一年。常温で保存でき、災害時の非常食としてもお勧めだ。小高区の新店舗オープンの日に合わせた六月一日から販売する。百五十グラム入りで価格は六百八十円(税別)。  小高工房は辛さが特徴的な商品を扱っている。新商品は三月中旬から販売予定だったが、新型コロナの影響でやむを得ず延期した。広畑さんは「実際に味わってもらうのが一番。少しずつファンをつくっていきたい」と笑顔を見せている。

 同工房は二〇一六(平成二十八)年に開業した。唐辛子の苗を販売し、育った実を買い取って一味などに加工している。加工品は道の駅などで販売している。住所は南相馬市小高区本町一ノ五三。

【関連記事】