Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【先ヨミ】King & Prince『Mazy Night』が45万枚で現在シングル首位、デビュー8周年の超特急『Stand up』が続く

配信

Billboard JAPAN

 今週のCDシングル売上レポートから2020年6月8日~6月10日の集計が明らかとなり、King & Princeの『Mazy Night』が454,323枚を売り上げ、現在首位に立っている。  King & Princeの今年の初シングルで、6月10日に発売された本作は、表題曲「Mazy Night」が中島健人(Sexy Zone)と平野紫耀(King & Prince)のW主演ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』の主題歌に起用されている。当初予定していた4月下旬の発売から遂に発売日を迎え、初動3日間で454,323枚売上と好調なスタートを切った。この数は彼らのデビュー・シングル『シンデレラガール』のその数456,783枚に次ぐ売上枚数で、本作の期待の高さが分かる。King & Princeは6月12日の『ミュージックステーション』に出演する予定で、週後半のさらなるセールスが期待できる。  超特急のCDデビュー8周年記念日である6月10日に発売された『Stand up』は初動3日間で15,838枚を売り上げて、現在2位に。リリース日にファンクラブ限定のライブ生配信を行った超特急は、「Stand up」を手話で歌った動画をYouTubeに公開している。そして、ジェジュンの3rdシングル『Brava!! Brava!!/Ray of Light』が9,711枚で3位についた。ジェジュンは今年3月に発売した同作に、ミュージックビデオやメイキング映像を収録したスペシャル盤を6月10日にリリースした。  結成15周年を迎え、約10年の時を経て、メジャー再契約をしたSUPER BEAVERのそのレーベル初シングル『ハイライト/ひとりで生きていたならば』は、初動3日間で8,088枚を売り上げて現在4位。『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトマスター』シリーズより、『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 39 O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!』は6,942枚を売り上げて速報トップ5に入り込んだ。 ◎Billboard JAPANシングル・セールス集計速報 (2020年6月8日~6月10日の集計) 1位『Mazy Night』King & Prince(454,323枚) 2位『Stand up』超特急(15,838枚) 3位『Brava!! Brava!!/Ray of Light』ジェジュン(9,711枚) 4位『ハイライト/ひとりで生きていたならば』SUPER BEAVER(8,088枚) 5位『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 39 O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!』(ゲーム・ミュージック)(6,942枚) ※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

【関連記事】