Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サメ男・パーラの危険スライディングで同点は幻に…原監督は憮然としたまま審判団に確認

配信

中日スポーツ

◇12日 巨人-ヤクルト(ほっともっとフィールド神戸)

 巨人が思わぬ形で同点のチャンスを逸した。1点を追う6回1死一、三塁。ここで炭谷のゴロは遊撃前へ転がる。エスコバーは併殺を狙い二塁の山田へ送球。この際、一塁走者のパーラのスライディングが山田の足元へ。これで倒された山田は一塁へ送球できなかった。  三走の亀井が本塁へかえり同点となったかに思われたが、すかさずヤクルトの高津監督がベンチを出てリクエスト。リプレー検証の結果、守備妨害と判定され、打者走者の炭谷もアウトになり併殺となった。このため当然のように無得点。原監督も審判団に確認に足を運んだが、その表情は険しいままだった。

【関連記事】