Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【キャンプに強い車】ホンダ「フリード+ クロスター」は、フラットシートで車中泊も快適!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

大荷物でも長距離異動でも、頼れる!気分がアガる アウトドア好き青木裕子さんと選ぶ「キャンプに強い車」

人混みを避け距離が保てるお出かけ先としてますます人気のキャンプへ行くには、車移動が必須。かさばる道具を積み込みやすく、長距離運転や山道でも力強くサポートしてくれるーー。そんなファミリー向きな車を、実際にオートキャンプ好きという青木裕子さんとLEE編集部で厳選しました!

青木裕子さん&LEEセレクト

荷室の積載量や収納の工夫、長距離運転のしやすさ、運転支援の充実度、街乗りや駐車のスムーズさ、アウトドア気分の上がるデザインまで……。キャンプ好きファミリーにとって外せない条件をクリアした車を発表!

”キャンプに強い車”の条件はコレ!

1.荷室の包容力が十分 大量のキャンプ道具が収まる荷室の積載量に加え、後席のシートアレンジで荷室を広げて大物収納ができると便利。防汚や防水加工があれば、お手入れが簡単。 2.遠出や高速道路に安心な運転支援機能 たとえば車間距離や車線位置を自動でキープする運転支援や、誤発進や急発進を抑制する安全機能をもつ車も。ドライバーの疲労やストレス軽減におすすめ。 3.小回り性など日常使いも◎ 設計の工夫で、荷室容量が多くてもボディが比較的コンパクトだったり、小回りがきく車種も。機械式駐車場をよく利用する、といった条件も忘れずチェック。 モータージャーナリスト 藤島知子さん 神奈川県出身。幼少期から車好きで、レーシングドライバーを経てモータージャーナリストに転身。ファッション誌や専門誌などで執筆。日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員でもある。

フラットシートで車中泊も快適! フリード+ クロスター/ホンダ

昨年デザインを一新したコンパクトミニバン。小回りがよく操作性も抜群。運転支援システム「ホンダ センシング」搭載で、障害物があっても安心。シックな外装&内装は街乗りにもフィット。

平らな床と高い天井、広い室内が快適さの秘訣!

フリードより荷室の機能性が高く、収納力がUPしたフリード+。フロアが低く、重い荷物を持ち上げるのも楽。「子どもが立ったまま着替えできるのも、キャンプで助かるポイント」(青木さん)

広々シートで川の字寝できる!

後部座席をすべて倒せば、車中泊に最適なスペースが。フラットにした際も荷室ボード下にしっかり収納スペースを確保。「3人くらいなら川の字寝も。子どもの昼寝にもいいですね」。(青木さん)

【関連記事】